マナティ

2950084511000000000q.jpg

購入形態

PDF
3,960円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

CentOS8 実践ガイド [システム管理編]

インプレス

Linuxシステム管理の必携ハンドブック

 現在のLinuxの適用領域は、LAMPのようなWebサーバやデータベースサーバに留まらず、ビッグデータ処理やAIを利用したデータ分析、HPC、ソフトウェア定義型分散ストレージなど、その用途を拡大させています。それとともに、ハードウェアも高機能化し、オペレーティングシステムであるCentOSでも、数百のメニーコア、数十テラバイトの大容量メモリ、ペタバイト級のストレージを搭載したハードウェアに対応し、コンピューティングにおいても、クラスタリング、仮想マシン、コンテナ、クラウド環境へも対応可能な機能を備えています。
 CentOS 8は、CentOS 7でのシステムにおける大幅な改良を引き継ぎつつ、さらにさまざまな新機能を搭載しました。主なツールとしては、統合OS管理(Cockpit)、コンテナ管理(Podman)、仮想マシンイメージ作成(Image Builder)、ストレージ管理(Stratis)、パケットフィルタリング(nftable)、セッション録画/再生(tlog)などがあります。
 本書では、これらの最新のツールを使いながら、IT現場の技術者にとって必要な、システム管理に伴うさまざまな手法を解説しています。
CentOS 8 1911(2020年1月バージョン)対応

発売日:2020-03-13

ページ数:536ページ

目次

表紙
商標
はじめに
本書の表記/本書で使用した実行環境
目次
第 1 章 CentOS 8 の概要/1-1 CentOS 8 を利用する背景
1-2 保守サポートとシステム構成の関係
1-3 スケールアウト型基盤におけるフリーLinux
1-4 CentOS 8 のアーキテクチャと利用シーン
1-5 CentOS 8 のリリースサイクル
1-6 まとめ
第 2 章 OS のインストールと起動/2-1 インストール前段階での注意点
2-2 インストールメディアタイプ/2-3 CentOS 8 のインストーラ
2-4 GUI モードのインストール
2-5 テキストモードのインストール
2-6 まとめ
第 3 章 OS の基本操作と設定/3-1 シェル(コマンドラインインターフェイス)
3-2 マニュアル
3-3 ロケール、キーボード設定、日付・時間・タイムゾーン設定
3-4 GRUB2 による OS のブート管理
3-5 まとめ
第 4 章 ユーザ管理、ファイル管理、パッケージ管理、OS 管理/4-1 ユーザ管理
4-2 ファイルシステムとディレクトリ構造
4-3 パッケージ管理
4-4 Cockpit によるOS 管理
4-5 まとめ
第 5 章 systemd によるサービス管理/5-1 UNIX/Linux における init の歴史
5-2 ユニットの依存関係
5-3 xinetd 経由サービスを systemd 対応へ書き換える
5-4 ntsysv によるサービス管理
5-5 まとめ
第 6 章 ログ管理/6-1 SystemdJournal を使いこなす
6-2 システム情報やログの一括取得
6-3 セッションの録画とログ
6-4 まとめ
第 7 章 GUI 環境の設定/7-1 CentOS 8 におけるウィンドウシステム
7-2 GUI 環境のインストール
7-3 ウィンドウシステムのアーキテクチャ
7-4 まとめ
第 8 章 ネットワーキング/8-1 NetworkManager による管理
8-2 NetworkManager-tui による設定
8-3 リンクアグリゲーション
8-4 Cockpit によるネットワーク管理
8-5 まとめ
第 9 章 仮想化とコンテナ管理/9-1 仮想化の始まり
9-2 KVM
9-3 Cockpit による仮想マシンの管理
9-4 コンテナ管理ツールPodman
9-5 Dockerfile を使ったイメージの自動構築
9-6 プライベートレジストリの構築
9-7 Buildah によるコンテナイメージ管理
9-8 まとめ
第 10 章 OS イメージ管理/10-1 Image Builder によるカスタムイメージの作成
10-2 コマンドラインによるイメージファイルの作成
10-3 Kickstart iso イメージの作成
10-4 まとめ
第 11 章 ストレージ管理/11-1 CentOS 8 における外部ストレージへの接続
11-2 ディスクパーティション
11-3 Logical Volume Manager
11-4 Stratis によるストレージ管理
11-5 Cockpit を使ったストレージ管理
11-6 まとめ
第 12 章 資源管理/12-1 システム管理とは
12-2 ハードウェア資源情報の取得
12-3 CPU 資源管理
12-4 メモリ資源管理
12-5 ディスク資源管理
12-6 ネットワーク資源管理
12-7 cgroup による資源管理
12-8 PCP によるパフォーマンス監視
12-9 まとめ
第 13 章 OS チューニング/13-1 カーネルパラメータチューニング
13-2 CPU チューニング
13-3 メモリチューニング
13-4 ストレージチューニング
13-5 tuned を使ったチューニング
13-6 tuned-gui を使ったチューニング
13-7 用途別のパラメータ設定例
13-8 まとめ
第 14 章 セキュリティ管理/14-1 複雑化するセキュリティ
14-2 firewalld のセキュリティ機能
14-3 firewalld を使ったサービスの設定
14-4 nftables によるパケットフィルタリング
14-5 GRUB2 のセキュリティ
14-6 PAM によるアクセス制御
14-7 ファイルシステムのセキュリティ向上
14-8 まとめ
第 15 章 バックアップ/リストア、障害復旧/15-1 バックアップ運用管理
15-2 基本的なバックアップのシステム構成
15-3 tar によるバックアップ/リストア
15-4 XFS パーティションのバックアップ/リストア
15-5 Relax and Recover を使ったバックアップ/リストア
15-6 レスキューモードを使った復旧手順
15-7 OS の起動処理とトラブルシューティング
15-8 まとめ
索引
著者プロフィール
奥付


























4-4 Cockpit によるOS 管理

著者プロフィール

  • 古賀政純(著者)

    兵庫県伊丹市出身。1996年頃からオープンソースに携わる。2000年入社後、UNIXサーバのSE及びスーパーコンピュータの並列計算プログラミング講師を担当。科学技術計算サーバのSIの経験も持つ。2005年、大手企業のLinuxサーバ提案で社長賞受賞。2006年、米国ヒューレット・パッカードからLinux技術の伝道師として「OpenSource and Linux Ambassador Hall of Fame」を2年連続受賞。オープンソースを活用したサーバのSEとしてプリセールスMVPを4度受賞。現在は、人工知能(AI)とHadoopを軸にオープンソースを駆使する大規模サーバのプリセールスSEとして、技術検証及び執筆に従事。Red Hat Certified Engineer、Novell Certified Linux Professional、Red Hat Certified Virtualization Administrator、EXIN Cloud、Red Hat OpenStack、HPE ASE、Hadoop(CCAH)などの技術者認定資格を保有。著書に「Hadoopクラスター構築実践ガイド」「Mesos実践ガイド」「OpenStack 実践ガイド」「CentOS 7実践ガイド」などがある。趣味はレーシングカートとビリヤード。