マナティ

2950084611000000000O.jpg

購入形態

PDF
1,848円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

できる Word思い通り 全部入り。 イライラ解消! わかればスッキリ!

インプレス

最初にしっかり理解して、あとで楽しよう!

Wordでイライラすること、ありませんか? Excelに比べてWordは、自己流である程度操作ができるがゆえに、「教えてもらう必要なんてない」と思っていませんか? しかし、実際には、「画像を挿入するときに、思い通りの位置に置けなくてイラっとする」「文頭にアルファベットがくると自動的に大文字になってしまい、いちいち直すのが面倒」とイライラした経験がある人は少なくないはず。本書は、そんな「イライラを解消して思い通りに」をテーマに、実務に役立つWordの時短ワザ130個を紹介しています。時短といっても、やみくもにショートカットキーを使うということではありません。まずは、きちんとWordの特性を理解して、最初にしっかり設定することが、結局は時短につながります。本書は、WordとExcelの違いや、Wordを使うときのマインドセットをふまえた上で、文書作成から印刷までの基本から応用、Wordの便利な機能を網羅しました。本書で紹介しているサンプルファイルは、本書のサポートページからダウンロードできます。book.impress.co.jp/books/1119101114

発売日:2020-03-06

ページ数:320ページ

目次

表紙
はじめに
目次
第1章 Word を使い始める前に知っておくべきこと
Word は思い通りに使えない!と感じるのはなぜか
Word はどんな製品か、なにが得意か
「ファイル = 文書」を構成する要素について
名前を付けて保存とファイルの共有について
リボンやウィンドウ、ダイアログボックスについて
ショートカットキーとアクセスキーについて
Wordの画面に表示しておくべきモノ
とても大切な「段落」などの単位について
第2章 イライラしないために知っておくべきこと
「文字に」 設定する書式と「段落に」 設定する書式
書式は要らない! 文字だけコピーするには
文字は要らない! 書式だけコピーするには
組み合わせて使う書式のショートカットキー
空白には下線を引きたくないとき
直前にやった書式設定を繰り返すには
蛍光ペンで目印を付けるには
[フォント] ダイアログボックスをキー操作で表示する
文字書式だけをクリアするには
縦書きの文章を作る/英数字を横書きにするには
段落書式だけをクリアするには
[段落] ダイアログボックスをキー操作で表示する
文字を中央や右端などに配置するには
文章の開始位置を字下げするには
スペースがインデントに変わる? キー操作で字下げする
「行間」と「間隔」はなにが違うのか
「行間」と「間隔」のサイズを変えるには
行間を [最小値] にしたのに見た目が変わらないときは
文字の上のほうが切れてしまった!というときは
スペースを使わずに単語間に空白を設けるには
タブは左揃えだけじゃない! 右揃えや中央揃えもある
「人数……10名」のように単語の間に点線を表示するには
「■」や「①」は段落書式! 次の段落に追加されたときには
「■」や「①」は段落書式! 段落を分けずに改行するには
段落番号を振り直したり、続く番号にしたりするには
「1.」「1.1.」「1.1.1.」のような番号を振りたい
段落の先頭に入力した「①」は書式に変換される
第3章 入力や編集を行うときに知っておくべきこと
スペースの上手な使い方、下手な使い方
文字数を確認しながら入力するには
よく使う単語と読みの組み合わせを登録する
文字の下に赤い破線や青い二重線が表示されたときに
英語→日本語、日本語→英語に変換したいときに
誤字や脱字をチェックするには
「今日」 の日付を自動的に表示するには
文書の最終更新日を自動的に表示するには
[検索と置換]ダイアログボックスの使い方
指定した文字列が文書のどこにあるのかを知りたい
文字列だけでなく書式も指定して検索するには
Aという文字列をBに置き換えるには
不要なスペース、段落記号などを置換で一括削除する
文字列はそのままにして、書式だけ置き換えるには
第4章 複数ページにわたる文書を作るときに知っておくべきこと
「スタイル」 とはなにか、なぜ使うのか
スタイルの種類と[標準]スタイルに戻すための操作
[強調太字]スタイルを使って文字列を強調するには
[強調太字]スタイルの書式を変更するには
[表題]や[見出し1]などのリンクスタイルとは
見出しスタイルを使って文書の見出しを作るには
[アウトライン レベル]を理解する
見出しスタイルを変更してもっと目立たせるには
スタイルに対応したデザインを選んで使うには
スタイルを自分で新しく作るには
作成したスタイルを変更して書式を加えるには
スタイルをほかの文書で使うには(スタイル セット)
スタイルをほかの文書で使うには(スタイルのコピー)
見出しスタイルを適用するだけで番号が付くようにする
ブックマークを設定してその場所にジャンプするには
ブックマークの内容を別の場所に表示するには
図や表に自動的に振り直される番号を表示するには
更新できる目次を作成するには
目次で使うレベルや目次の書式を自分で決めるには
文章内の用語に補足説明を付け加えるには
索引を作るための用語を登録するには
索引ページを作成するには
第5章 文書のデザインは 「機能」 を使って整える
覚えておきたい! Office 共通の 「テーマ」 とは
テーマとデザインを変更して着せ替えるには
[テーマの色]や[テーマのフォント]を変更するには
[テーマの効果]はどこに影響するのか
改ページは [Enter]キー の連打でやってはいけない
文書を複数のセクションに分けてページ設定するには
見開きの設定を使って内側と外側の余白サイズを変える
文章をページの左右にレイアウトするには
デザインされた表紙を作成するには
ヘッダーとフッターとはなにか、編集するにはどうするか
文書にページ番号を表示するには
フッターにバランスよく 3 種類の情報を表示するには
表紙や目次にはページ番号を付けたくないときに
左ページと右ページで違うフッターを設定するには
「社外秘」などの透かし文字を入れるには
第6章 罫線と表を上手に使って文書を整える
Word の「表」とはなにか
先にマス目を用意してから文字を入れて表を作るには
先に文字を入力してから表に変換するには
Excel で作った表を Word の表として使うには
複数のセルを 1 つに、1 つのセルを複数にするには
右の列が狭くならないように列幅を調整するには
セルの中の文字をきれいに配置するには
表のスタイルを使って書式を設定するには
セルの色や線の色を自分で決めて設定するには
自分で表のスタイルを作るには
表を中央に配置する、少しだけ位置をずらすには
複数ページにわたる表で使いたい設定
文字をきれいに配置するために罫線をうまく使う
第7章 図形や図を扱うときに知っておくべきこと
「オブジェクト」の種類とリボンに表示されるタブ
四角形や線などの図形を描画するには
図形の選択とサイズ変更のポイント
複数の図形の選択と配置のポイント
[文字の折り返し]で配置と扱い方を選ぶ
図形やテキスト ボックスを使って文字を表示するには
「ワードアート」で華やかな文字を配置するには
図形を移動しても離れない線でつなぐには
図形や線の書式を変える/既定の書式を決める
コピペではなく、ロゴや写真を文書に「挿入」するには
図の要らない部分をトリミングするには
項目数や形をあとから変えられる図表を作るには
SmartArt グラフィックのレイアウトや色を変えるには
Excel のグラフを文書に貼り付けるときのポイント
第8章 履歴やコメントを残しながら文書を編集する
Wordの校閲機能の特徴と扱うときのポイント
新しいコメントを追加して残すには
コメントを確認する/返信する
前の状態に戻せる! 文書に変更の履歴を残すには
変更履歴を使って、元に戻したり仕上げたりするには
コメントや変更履歴が残るのはNG! 一括削除するには
2 つの文書を並べて表示して、同時にスクロールするには
2 つの文書の違いをチェックして表示するには
第9章 データを活用した文書作成をする
「差し込み文書」「差し込み印刷」とはなにか
差し込みの機能を使って文書を作成する
差し込み文書のデータを更新するには
数値や日付が思い通りに表示されないときに
宛名ラベルのシールを作るには
差し込むデータによって表示する内容を変えるには
図を差し込み文書に挿入するには
第10章 ファイルを仕上げて、印刷をするときに知っておきたいこと
印刷プレビューと印刷時の設定について
プレビューで編集したい、あと1行を収めたいときに
索引
スタッフリスト
奥付

著者プロフィール

  • 石田 かのこ(著者)

    Microsoft Officeのユーザー向けトレーニングの実施や書籍執筆、オンライン記事の執筆、インターネット授業などを行っている。
    最新バージョンの Office はもちろん、過去のバージョンについての知識も豊富で、企業のバージョンアップに伴う Officeトレーニングや企業内活用セミナーなど、実務レベルトレーニングを得意とする。