マナティ

9784839967222.jpg

購入形態

PDF
3,110円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

やさしくはじめる スマートスピーカープログラミング

マイナビ出版

SF映画みたいに、スマートスピーカーと会話してみたい!

本書は、Google HomeとAmazon Echoの2種類のスマートスピーカーの対象とした、開発の入門書です。
スマートスピーカーを使って、何か作ってみたい人を読者対象としています。

Chapter 2では、IFTTTというサービスを使ってプログラムを書かずにスマートスピーカーに簡単な動きをさせるところからスタートします。
ここで、スマートスピーカーへのコマンドの出し方や、どんな反応が返ってくるかの基本を身に付けます。

Chapter 3では、次は一歩進んだ、PCとスマートスピーカーを連動させる動きを作っていきます。新着メールを読み上げたり、声をかけて写真を撮影したりといった、楽しい仕組みを作ります。

Chapter 4からは、Google HomeとAmazon EchoのSDKを使って、さまざまなアプリ(スキル)を作る方法も説明していきます。

Chapter 4では、Google HomeのSDKを使った基本的な開発の流れを説明した後で、SDKの機能を使いながらいくつかのアプリを作ります。
簡単な挨拶アプリから始まり、サイコロアプリ、数当てゲーム、計算ゲーム、セッションやデータベースを使った予約アプリなど、開発の際に使うことの多い機能を取り上げています。

Chapter 5では、Amazon EchoのSDKを使って、Chapter 4と同じような機能をもったアプリ(スキル)を作っていきます。
同じようなアプリを作る流れを、Google HomeとAmazon Echo両方で体験してみることで、両者の扱い方の違いもよく分かります。もちろん、どちらかだけでアプリを作りたい方は、Chapter 4 または Chapter 5どちらかだけを読めばOKです。

最後のChapter 6では、画面付きのスマートスピーカー向けに、画像を表示させるアプリの作り方や、作ったアプリを一般に公開する方法も紹介しています。
アプリを申請する際の注意点などもまとめています。

なお、本書のプログラムはJavaScriptで記述しています。
JavaScriptを知らなくても実行できるように配慮していますが、JavaScriptの基本を理解している方がよりスムーズに開発を進められます。
サンプルファイルはサポートサイトからダウンロードできます。

発売日:2019-05-24

ページ数:304ページ