やさしくはじめる スマートスピーカープログラミング

  • 著作者名:クジラ飛行机
    • 書籍:3,110円
    • 電子版:3,110円
  • B5変:304ページ
  • ISBN:978-4-8399-6722-2
  • 発売日:2019年05月24日
  • 備考:初級
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

SF映画みたいに、スマートスピーカーと会話してみたい!

本書は、Google HomeとAmazon Echoの2種類のスマートスピーカーの対象とした、開発の入門書です。
スマートスピーカーを使って、何か作ってみたい人を読者対象としています。

Chapter 2では、IFTTTというサービスを使ってプログラムを書かずにスマートスピーカーに簡単な動きをさせるところからスタートします。
ここで、スマートスピーカーへのコマンドの出し方や、どんな反応が返ってくるかの基本を身に付けます。

Chapter 3では、次は一歩進んだ、PCとスマートスピーカーを連動させる動きを作っていきます。新着メールを読み上げたり、声をかけて写真を撮影したりといった、楽しい仕組みを作ります。

Chapter 4からは、Google HomeとAmazon EchoのSDKを使って、さまざまなアプリ(スキル)を作る方法も説明していきます。

Chapter 4では、Google HomeのSDKを使った基本的な開発の流れを説明した後で、SDKの機能を使いながらいくつかのアプリを作ります。
簡単な挨拶アプリから始まり、サイコロアプリ、数当てゲーム、計算ゲーム、セッションやデータベースを使った予約アプリなど、開発の際に使うことの多い機能を取り上げています。

Chapter 5では、Amazon EchoのSDKを使って、Chapter 4と同じような機能をもったアプリ(スキル)を作っていきます。
同じようなアプリを作る流れを、Google HomeとAmazon Echo両方で体験してみることで、両者の扱い方の違いもよく分かります。もちろん、どちらかだけでアプリを作りたい方は、Chapter 4 または Chapter 5どちらかだけを読めばOKです。

最後のChapter 6では、画面付きのスマートスピーカー向けに、画像を表示させるアプリの作り方や、作ったアプリを一般に公開する方法も紹介しています。
アプリを申請する際の注意点などもまとめています。

なお、本書のプログラムはJavaScriptで記述しています。
JavaScriptを知らなくても実行できるように配慮していますが、JavaScriptの基本を理解している方がよりスムーズに開発を進められます。
サンプルファイルはサポートサイトからダウンロードできます。

商品を選択する

フォーマット 価格 備考
書籍 3,110
PDF 3,110 ※ご購入後、「マイページ」からファイルをダウンロードしてください。
※ご購入された電子書籍には、購入者情報、および暗号化したコードが埋め込まれております。
※購入者の個人的な利用目的以外での電子書籍の複製を禁じております。無断で複製・掲載および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性もございますので、ご遠慮ください。

電子書籍フォーマットについて

  

目次

Chapter 1 スマートスピーカーで何ができるか?
 Chapter 1-1 スマートスピーカーの種類と比較と未来展望
 Chapter 1-2 プログラマーがスマートスピーカーでできること
 Chapter 1-3 Google Homeの特徴
 Chapter 1-4 Amazon Echoの特徴

Chapter 2 『IFTTT』でスマートスピーカーと各種サービスをつなげよう
 Chapter 2-1 IFTTTでスマートスピーカーをカスタマイズしよう
 Chapter 2-2 フレーズに応じて定型メールを送信しよう(Google Home)
 Chapter 2-3 フレーズに応じて定型メールを送信しよう(Amazon Echo)
 Chapter 2-4 LINEにカスタム・メッセージを送ろう(Google Home)
 Chapter 2-5 Googleスプレッドシートにメモを記録しよう(Google Home)
 Chapter 2-6 Evernoteにメモを追加しよう(Amazon Echo)
 Chapter 2-7 LINEにカスタム・メッセージを送ろう(Amazon Echo)

Chapter 3 IFTTTと自宅PCでスマートホームを実現しよう
 Chapter 3-1 スマートスピーカーでPCを操作しよう
 Chapter 3-2 PC内の音声ファイルを再生しよう(Google Home/Amazon Echo)
 Chapter 3-3 声でWebカメラを操作して撮影しよう(Google Home/Amazon Echo)
 Chapter 3-4 PCの音声ファイルを再生する時報サーバーを作ろう(Google Home)
 Chapter 3-5 新着メールを読み上げよう(Google Home)

Chapter 4 SDKでアプリを作ろう(Google Home)
 Chapter 4-1 SDKを使って独自機能を開発しよう
 Chapter 4-2 挨拶アプリを作ろう
 Chapter 4-3 サイコロアプリを作ろう
 Chapter 4-4 どっちの手ゲームを作ろう
 Chapter 4-5 ビンゴマシンを作ろう
 Chapter 4-6 ボイスメモを作ろう
 Chapter 4-7 会議室の予約アプリを作ろう

Chapter 5 SDKでアプリを作ろう(Amazon Echo)
 Chapter 5-1 Alexaのスキルについて
 Chapter 5-2 Alexaで挨拶アプリを作ろう
 Chapter 5-3 サイコロアプリを作ろう
 Chapter 5-4 数当てゲームを作ろう
 Chapter 5-5 ゲームにスコア機能を付けよう
 Chapter 5-6 肥満度(BMI)の計算アプリを作ろう
 Chapter 5-7 会議室予約アプリを作ろう

Chapter 6 応用から申請まで
 Chapter 6-1 画面付きアプリを作ろう(Google Home)
 Chapter 6-2 画面付きアプリを作ろう(Amazon Echo)
 Chapter 6-3 SSMLで読み上げに表情をつけよう(Google Home/Amazon Echo)
 Chapter 6-4 Google Homeアプリを公開しよう
 Chapter 6-5 Amazon Echoアプリを公開しよう

この商品を買った人はこんな商品も買っています


最近チェックした商品

Tポイント利用手続き

         Tポイント利用手続きに関する同意事項

                                株式会社マイナビ出版

株式会社マイナビ出版が提供するマイナビBOOKSにおいてTポイントご利用続きをされる方は、以下に掲げるお客様の個人情報の取り扱いについてご確認の上、ご同意下さい。

マイナビBOOKSにおいてTポイントサービスをご利用いただいた場合に、当社から、次に掲げる<提供情報>を、<提供目的>のためにカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下「CCC」といいます)へ提供します。

  <提供目的>:CCCの定める個人情報保護方針及びマイナビBOOKSにおけるT会員規約第4条に定める利用目的で利用するためTポイントサービスを利用するため
  <提供情報>:
   1)お客様が【マイナビBOOKS】の正当な利用者であるという情報
   2)ポイント数・利用日
   3)その他、Tポイントサービスを利用するにあたり必要な情報

  <提供方法>: 電磁的記録媒体の送付またはデータ通信による。ただし、提供するデータについては暗号化を施すものとする。

なお、CCCに提供された、以下の情報の利用については、CCCの定める個人情報保護方針及びT会員規約 に沿って取り扱われます。
上記の情報提供の停止をご希望される場合には、【マイナビBOOKS】におけるTポイント利用手続きの解除を実施していただく必要があります。
Tポイント利用手続きの解除、およびTポイントサービスにおける個人情報に関するお問い合わせ先は、以下のとおりです。
お客様お問い合わせ先:Tサイト(http://qa.tsite.jp/faq/show/22612)

 なお、Tポイント利用手続きの解除が完了しますと、マイナビBOOKSにおけるTポイントサービスをご利用いただけなくなりますので、予めご了承ください。

Tポイント利用手続きを行いますか?