レクチャー トライ&エラー GOハッピー

藤原鉄頭の明日のためのアプリ

濡れる前に見る雨予報は目で確かめる時代に

文●藤原鉄頭

ワタクシ藤原鉄頭が、幸せを追い求めて(それもアプリ頼みで)試行錯誤する日常を取り上げていきます。

  • ecab353cd5708af9f25cb75573831183.jpg

 

 

雨を見たかい

「雨を見たかい(Have You Ever Seen The Rain?)」は、1970年前後に日本でも人気があったアメリカのロックバンド、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(CCR)が放ったヒット曲。雨にまつわる名曲は数多いが、これもそのひとつだ。ベトナム戦争末期の1971年に発表されたこの曲は「晴れているのに降る雨」、日本流に言えば狐の嫁入り、天気雨のことを歌っているが、この「雨」が意味するものは、実はベトナムで米軍が投下したナパーム弾のことだと言われている(違う説もある)。そのため「雨を見たかい」は当時アメリカのラジオで放送禁止になった。

CCRにはもうひとつ「フール・ストップ・ザ・レイン(who'll stop the rain)」という雨の名曲があって、「誰が雨を止めてくれるんだろう」と歌うこの曲もまた「雨」が爆弾や支配を指していると言われている。なんでも「rain」と似た発音の「reign」(支配や統治といった意味がある)にひっかけているんじゃないかという穿った見方があるらしい。

こう書くと、なんだかCCRがゴリゴリの反戦バンドのようだが、そんなことはない。シンプルでストレートなサウンドが魅力のどちらかといえば垢抜けないタイプのバンドで、他のロックアーティストたちがアルバム志向全盛の時代にシングルヒットに固執。なのに全米第1位は取れずに、第2位が5曲もある、とても味のあるバンド。機会があれば、ぜひ一度聴いてみてください。

というわけで、今回は「70年代ロック」じゃなくて「雨」がテーマ。「雨を見たかい」という問いに答えるかのような名前の気象アプリ「アメミル」を取り上げる。この連載で気象アプリを取り上げるのは3度目だが、どれだけあっても困らないのが貯金と気象アプリ。今回のもおすすめです。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧