便利技 他人事Tips

メディカルID、利用していますか?

文●今淳一

緊急時に生死を分けるかもしれない「メディカルID」、デメリットも踏まえて必要な情報を設定してみましょう。

iPhoneには「ヘルスケア」アプリから設定できる「メディカルID」というものがあります。緊急時の連絡先や医療情報を登録しておく、緊急時連絡カード/救急連絡カードのiPhone版、というとわかりやすいでしょうか。ただ、用途が用途なだけに、ロックされている状態からでも見られるようになっていなければあまり意味はなく、そうすると個人情報の流出につながるので利用には注意が必要です。メディカルIDは、表示する情報を細かくコントロールできるので、必要な情報のみに絞るのがよいでしょう。

まずは「ヘルスケア」アプリを開きましょう。下部の[メディカルID]から、メディカルIDを作成します。



見せたくない情報は設定しないか、削除しましょう。「ヘルスケア」アプリに登録した情報が連携して最初から入力されていることもありますが、情報そのものは独立しているので、削除しても「ヘルスケア」側には影響がありません。

患っている病気、アレルギー、使用中の薬などがあれば、入力しておくといいでしょう。



作成後は[メディカルID]→[編集]から情報の追加・修正が可能です。



なお、メディカルIDをロック画面から確認する方法ですが、ロックの解除画面から「緊急」をタップして緊急電話画面に移ると、左下に「メディカルID」が表示されるようになるので、それをタップするだけです。



このあたりは、自分のためというよりほかの人の緊急時に備えて覚えておくべきことですね。緊急時はいつ訪れるかわからないもの、備えとしてはさまざまなものがあると思いますが、まずは自分のメディカルIDを設定してみてはいかがでしょうか。



同カテゴリ記事一覧