Command+Eye Command+Eye

COMPUTEX TAIPEI 2017にて驚きのリファレンスデザインが登場

椙山女学園大学附属小学校の「多様性を生む」iPad授業

文●山田昇

1人1台体制が独自の考えを深める

椙山女学園大学附属小学校は、2014年10月からiPadを使ったICT教育に取り組んでいる。椙山女学園大学教育学部との共同研究により、ICT教育における授業の進め方や児童との関わり方を検討し続け、さまざまなノウハウを蓄積してきた。そんな同校でどのような取り組みが行われているのか、実際の授業を取材した。

 

電子黒板とiPadを連係

2014年からiPadを授業に取り入れた椙山(すぎやま)女学園大学附属小学校は、2016年度よりiPadの1人1台体制を実現した(4年生と5年生の140名)。その環境下でどのような授業が行われているのか、福岡なをみ教諭の授業を取材した。

最初に取材したのは算数の授業だ。同校では、パイオニアVCの学習支援システム「バイシンク(xSync)」を導入している。このシステムでは、電子黒板に表示させたコンテンツを児童のiPadに送ったり、逆に児童がiPadで書き込んだものを電子黒板に表示させたりといったことが可能になる。

授業は、教師の出題に対して児童一人一人がiPadで答えをまとめたあと、4人1組となってそれぞれの解答内容について議論するという流れ。直接iPadに考えを書き込んでいく児童もいれば、紙のノートに書いたものをiSightカメラでiPadに取り込む児童もおり、iPadの使い方は実にさまざまだ。

教師側のiPadには全児童の解答が表示される。教師はこの機能のおかげで児童の進捗状況を確認しやすくなり、答えを出すのに時間がかかっている児童を見つけて直接指導することもしやすくなった。

また、この授業には、児童が自分のiPadでまとめた解答を電子黒板に表示して、みんなの前で考えを発表する時間もある。プレゼンテーションのように考えを発表するという形式のため、それぞれが思い思いの見せ方を考えていたのが特徴的だった。単に計算式を書くだけの児童がいる一方で、グラフを書いて図で見せる児童もいる。どんな発表方法がわかりやすいのかを一人一人が個別に突き詰めていけるのは、1人1台体制ならではの恩恵だといえる。

児童のiPadは、インヴェンティット社のデバイス管理(MDM)システム「モビコネクト・フォー・エデュケーション(MobiConnect for Education)」によって管理されている。それぞれのiPadはWEBブラウジングも許可されているが、このMDMではiフィルタ(i-FILTER)」によるコンテンツフィルタリングも行われているため安心感がある。また、夏休みなどの長期休みのときにはiPadを自宅に持ち帰ることが可能で、自宅のパソコンと接続してiPad内の動画や画像・写真をダウンロードすることが許可されている。親が子どもの学習進捗状況を知るには、これまで教師との対話や連絡帳といった手段しかなかったが、動画・画像のダウンロードを許可したことで成長の過程を具体的に感じられるようになった。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧