Command+Eye Command+Eye

世界最大級のエレクトロニクスショー「CES 2017」に見る最新動向

2017年はライトニング&ワイヤレスヘッドフォンが隆盛

文●山田昇

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

毎年1月に米ラスベガスで開催されるCES(Consumer Electronics Show)は、エレクトロニクスの先端技術が披露される世界最大級の家電見本市だ。今年も3800社を超える企業が参加し数多くの製品を出展していたが、ここではiPhoneと関わりの深い最新ヘッドフォンの動向をお伝えしよう。

 

新しいヘッドフォンの形

今年のCES 2017は、自動運転技術に関するものやアマゾンの音声アシスタント「アレクサ(Alexa)」を採用した製品が数多く展示されていたが、一方でライトニング接続やワイヤレス接続のヘッドフォンも数多く発表されていた。その背景には、iPhone 7で3.5ミリヘッドフォンジャックがなくなったことや、アップルからブルートゥース接続のワイヤレスイヤフォン、エアポッズが発売されたことなどが挙げられる。

米シュア社は、DACを搭載したライトニング接続のイヤフォンケーブルを発表した。マイク付きリモコンが搭載されており、Siriでのコントロールにも対応する。また、AKG(米ハーマンインターナショナル)もDACを搭載したイヤフォンを発表しており、DACを搭載したライトニングヘッドフォンはますます市場を賑わせていくことになりそうだ。

ワイヤレスイヤフォンでは、ソニーがノイズキャンセリング機能付きの製品を2種類出展していた。その1つは、完全にケーブルレス、いわば「フルワイヤレス」タイプの製品だ。一方、フルワイヤレスイヤフォンの先駆者であるイアリン社は、より小型化を果たした第2世代モデルを発表していた。新製品となる「M−2」は、耳の中に完全に収まるほどのコンパクトさになっていた。

 

 

  • 5ba34797bf2759b7c4efd08ed4ed49b3.jpg

米シュア(Shure)社は、DACを搭載したライトニング接続イヤフォンケーブル「Shure Remote + Mic Lightning Accessory Cable」(RMCE-LTG)を発表。48kHz/24ビットのデジタル信号に対応するDACのほか、Siriに対応したマイク付きリモコンも搭載。99ドル99セントで2017年春に発売の予定だ。

 

 

  • 658f35e2995eacd2436de231c216e24d.jpg

独ゼンハイザー社は、ブルートゥースイヤフォン「MOMENTUM In-Ear Wireless」(199ユーロ)を発表するとともに、ライトニング接続カナル型イヤフォン「MOMENTUM In-Ear Lightning」を参考展示していた。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧