アラカルト 未来のイチロー

デジタルネイティブに学ぶこと

「先が見えるような人生は送りたくない」。起業家精神溢れる中学生が語る

文●崎谷実穂聞き手●水野雄介(Life is Tech!代表)

「楽しいこと、自分が飽きないことをやり続けたい」。そう語るのは中学3年生の山内奏人くん。学業の傍ら、スタートアップ企業でCTOを務めるほか、さまざまなイベントを企画する行動派だ。その言葉にブレはない。中高生のためのプログラミングキャンプ/スクールを主宰するLife is Tech!(LiT)代表の水野雄介氏が、学生と対談する本連載。最終回となる今回は、未来に向かって今この一瞬を懸命に生きる若者を紹介する。

 

  • f8b8b498ba0116082cfe87956a1255.jpg

山内奏人(やまうち・そうと)

明日、死ぬと思って生きています。

 

 

興味を持ったら調べて行動

水野●奏人は、小6のときに「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト」で最優秀賞をとったり、マイクロソフト主催の「EdTechCamp」アワードで最優秀イノベーター賞を受賞したりと、とにかく実績をたくさん持ってるよね。今いくつだっけ?

山内●14歳で、中学3年です。

水野●まだ14歳か! 世界中から学生が集まるISAK(International School of Asia, Karuizawa)のサマースクールに、クラウドファンディングで資金を集めて通ったり、思い立ったら行動して実現するところがすごい。小さい頃は、どんな子どもだったの?

山内●幼稚園の頃は昆虫に夢中で、近所の自然観察園の昆虫ゲージを毎日見に行っていました。6歳くらいから、家の隅に転がっていた古いパソコンを譲り受けて、ワードやエクセルをいじってたんです。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧