これからの相矢倉|将棋情報局

将棋情報局

34612_ext_06_0.jpg

購入形態

書籍
1,694円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
2021年9月18日(土)~2021年9月30日(木)のご注文は弊社棚卸業務のため配送が遅れます
講座 矢倉

これからの相矢倉

発売日:2015-01-23

販売元:マイナビ出版

判型:四六判

ページ数:224ページ

難易度:初級~中級

ISBN:978-4-8399-5439-0

★サイン本祭は終了しました

相矢倉の歴史は古く、江戸時代にさかのぼる。
互いに玉を堅く囲い合い、全ての駒を使って堂々とぶつかり合う相矢倉戦は、昔から人気があり、今も日進月歩の進化を続けている。そして現在、相矢倉戦においてプロ間で最もよく指されているのは、▲3七銀戦法である。

本書は「▲3七銀以前」、「現在の▲3七銀」、「これからの▲3七銀」という3つの視点で矢倉定跡をまとめたもの。
具体的には、現時点の矢倉定跡の結論に限らず、矢倉の歴史、最先端の研究手順、課題局面に対する見解にまで言及している。
▲3七銀戦法を知る上で欠かせない基礎知識から、矢倉の未来の扉までを、著者の畠山鎮七段が熱を込めて解説している。
矢倉の奥深さや自由な広がりを感じ取っていただきたい。

著者プロフィール

  • 畠山鎮

    畠山 鎮(はたけやま・まもる)
    1969年6月3日生まれ。神奈川県出身
    1984年 6級で森安正幸七段門
    1989年10月1日 四段
    1993年12月24日 五段
    1999年4月27日 六段
    2006年4月1日 七段
    兄の畠山成幸とともに、将棋界唯一の双子棋士。1989年10月1日に二人同時にプロ入り(四段昇段)し、大きな話題となった。激しい攻めの棋風の居飛車党。
    第4期(1991年度)竜王戦ランキング戦5組優勝。第14期(2001年度)竜王戦ランキング戦2組で2位となり1組昇級。
    関西奨励会幹事を長年(2001 ~ 2012年)務め、奨励会員に礼儀作法や生活態度について厳しく指導し、関西の若手棋士台頭の礎を築いた。
    著書に「横歩取りの教科書」(日本将棋連盟)がある。

新着商品!

商品一覧へ