羽生のミラクル終盤術|将棋情報局

将棋情報局

33587_ext_06_0.jpg

購入形態

書籍
1,353円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
2021年9月18日(土)~2021年9月30日(木)のご注文は弊社棚卸業務のため配送が遅れます
講座 考え方

羽生のミラクル終盤術

発売日:2014-12-13

販売元:マイナビ出版

判型:文庫判

ページ数:448ページ

難易度:初級~中級

ISBN:978-4-8399-5434-5

本書に収録された「ミラクル終盤術」では、羽生善治名人が終盤の基本手筋と終盤戦の考え方を徹底解説します。
将棋の上達に役立つ棋書は多くありますが、そのほとんどは序盤の戦術書です。終盤の書籍は参考になる棋書が少なく、困ったことと思います。しかし、この難解な終盤にも覚えるべき手筋があります。本書では終盤の手筋をパターン化し、その一つ一つを優しく解説しています。優勢な終盤はすんなり勝ち、不利なときは逆転を可能にする一流の終盤術を本書で身に付けてください。
また、第2部「羽生の新格言集105」では、羽生名人の実戦譜で現れた新旧の将棋格言を集めました。考え方と知識の両面で、棋力向上を実現する一冊です。

著者プロフィール

  • 羽生善治

    羽生善治(はぶ・よしはる)

    1970年9月27日 埼玉県所沢市の生まれ
    1982年12月 6級で二上達也九段門
    1985年12月 四段(史上3人目の中学生棋士)
    1994年4月 九段
    1989年、第2期竜王戦で初挑戦でのタイトル獲得。19歳3カ月でのタイトル獲得は当時最年少。1993年、第34期王位戦で史上最年少五冠。1994年第7期竜王戦で史上初の六冠。1996年、第45期王将戦で史上初の七冠制覇。
    1995年「永世棋王」「永世棋聖」、1996年「名誉王座」、1997年「永世王位」、2007年「永世王将」、2008年「永世名人(十九世名人)」。1994年「都民文化栄誉章」受賞。1996年「内閣総理大臣顕彰」受賞。2007年、通算1000勝で「特別将棋栄誉賞」受賞。2008年「第56回菊池寛賞」受賞。
    タイトル戦登場は119回。獲得は竜王6、名人8、王位16、王座22、棋王13、王将12、棋聖13の合計90期。
    著書に「羽生マジック」、「羽生の頭脳」「羽生の法則」シリーズ(日本将棋連盟)、「共鳴する頭脳 羽生善治対談集」(共著、マイナビ)、「大局観 自分と闘って負けない心」(角川oneテーマ21)、「迷いながら、強くなる」(三笠書房)などがある。

    木屋太二(きや・たいじ)

    昭和23年、横浜市の生まれ。40年、故坂口允彦九段門下で奨励会入会。「将棋世界」「将棋」編集部を経て、現在フリーのライター。竜王戦、新人王戦、女流名人位戦等の観戦記を執筆。
    著書に「将棋クロスワードパズル―次の一手 (屋敷伸之の忍者将棋) 」(高橋書店)、「筋違い角と相振り飛車―ライバルに勝つマル秘作戦」(主婦と生活社)などがある。

販売元:マイナビ出版
商品についてのお問い合わせ先:
https://book.mynavi.jp/inquiry_list/

発送について:
原則として3日~5日程度で発送いたします。
※先行販売などのキャンペーンの場合はこの限りではありません。

新着商品!

商品一覧へ