必修!穴熊戦の絶対手筋105|将棋情報局

将棋情報局

28224_ext_06_0.jpg

購入形態

書籍
1,628円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
講座 考え方

必修!穴熊戦の絶対手筋105

発売日:2014-09-13

販売元:マイナビ出版

判型:四六判

ページ数:232ページ

難易度:初級~中級

ISBN:978-4-8399-5322-5

将棋というゲームにおいて最も堅い囲いであり、現代将棋の全ての戦型において有力とされている穴熊。



穴熊を相手に指す方も、自らが穴熊にもぐる方も、そして相穴熊の将棋も日々増えているのが現状です。

であれば、この穴熊の攻略法と受けの技術を習得した者が、現代将棋を制するといって過言ではないでしょう。



本書では、大平武洋五段が穴熊を指す上で必要不可欠といえる基本手筋から、有段者同士の戦いなら知っておきたい高度なテクニックまでを合計105個、例題を交えながら非常に丁寧に、かつ論理的に解説しています。最強の囲いといえど穴熊にも弱点はあり、攻め駒の配置、持駒の種類、枚数、自玉の状況などによって、さまざまな攻め方が存在します。

それらの手筋をこれほど系統立てて、しかも分かりやすく解説した本はありません。

本書の中にはこれまで知らなかった手筋がきっとあると思いますし、それらは今すぐにでも使いたくなるような穴熊戦の絶対手筋です。



大平五段が贈る穴熊戦の105の使える手筋、ぜひ本書でマスターしてください。

著者プロフィール

  • 大平武洋

    大平武洋(おおひら・たけひろ)

    1977年5月11日生まれ 東京都北区出身

    1990年6級で桐谷広人七段門

    1993年 初段

    2002年4月1日 四段

    2006年9月19日 五段

    早指しを得意とする居飛車党。(故)升田幸三実力制第四代名人の孫弟子に当たる。

    2003年、第44期王位戦でリーグ入り。2006年、第19期竜王戦で4組昇級。2008年3月、通算100勝達成。2009年、第67期順位戦でC級1組昇級。

    著書に「新鋭居飛車実戦集」(共著・マイナビ)があり、単独での著作は今回が初となる。

新着商品!

商品一覧へ