1手ずつ解説する先手中飛車【棋譜データ付き】<動画付き豪華版/通常版>|将棋情報局

将棋情報局

 試し読み
9784839977436.jpg

購入形態

書籍
1,694円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
講座 書籍 講座 中飛車

1手ずつ解説する先手中飛車【棋譜データ付き】<動画付き豪華版/通常版>

発売日:2021-08-30

販売元:マイナビ出版

判型:四六判

ページ数:224ページ

難易度:初級~中級

ISBN:978-4-8399-7743-6

勝ちやすい振り飛車を、級位者にもわかりやすく!

★サイン本抽選の受付は終了しました


★当商品は【動画付き豪華版】と 【通常版】がございます。

・動画付き豪華版:「書籍(特典付き)」「PDF(特典付き)」をご選択ください/動画と棋譜データが付いてきます。
※特典の購入・視聴にはマイナビブックスへのログインが必要です。会員登録されていない方はご購入時に必ず会員登録(無料)をお願いいたします。
※有料動画はご購入後、マイページからダウンロードできるPDFに記載のご視聴ページURLとパスワードを使用し、ご視聴ください。棋譜データ、動画の送付はございません(動画視聴方法の詳細は本ページ下記をご確認ください)。

<動画の内容>
「先手中飛車 いきなりクライマックス!」

第1部「先手中飛車 いきなりクライマックス! 攻めが炸裂する5つの瞬間」
第2部「戸辺流 かっこいい駒の持ち方」

・通常版:「書籍(棋譜データ付き)」「PDF(棋譜データ付き)」をご選択ください/棋譜データのみが付いてきます。



「1手ずつ解説する○○」シリーズの第4弾として、ついに「先手中飛車」の出番がやってきました。著者は生粋の振り飛車党であり、「戸辺攻め」を得意とする戸辺誠七段です。

従来の定跡書は1で何手も指し手が進むことがありました。しかし本シリーズは4手程度と短いことが特徴で、その分、1手ずつ詳しく丁寧に解説しています。また、単なる定跡手順の解説にならないように、「▲6八銀は中飛車にとっての準備運動」、「攻めが続くなら角は切るもの」、「迷ったら勢いのある手を選ぶ」といったように、中飛車を指すうえでの心得を、戸辺七段らしい言葉で語ってくれました。

先手中飛車は守備力が高く、しかも自ら攻めていきやすい戦法です。ぜひ本書を読んで、豪快に攻めて勝つ楽しさを味わってください。



将棋情報局、またはマイナビBOOKSにて、本書の書籍版または電子版をご購入いただくと、マイページから「解説手順の棋譜データ」がダウンロードできるようになります。

棋譜データは.kifファイルを読み込める将棋ソフト(激指シリーズなど)で閲覧できます。
お持ちでない方は、各種フリーソフトでも閲覧できますので、お持ちのパソコンのOSに合ったソフトをダウンロードください。

棋譜データの詳しい使い方はこちらをご確認ください。

※特典の棋譜データダウンロードには会員登録(無料)が必要です。ご購入時に必ず会員登録をお願いいたします。
※棋譜データは私的な利用に限りお使いいただけます。第三者への提供・公開等は禁止します。

目次

第1章 中飛車VS速攻急戦

     原始棒銀
     速攻急戦その2
     UFO銀

第2章 中飛車VS定番急戦

     定番の前に――△8六歩対策
     対定番急戦――駒組み
     対定番急戦――△7三桂
     対定番急戦――△7三銀

第3章 対本格急戦

     二枚銀急戦
     △6三銀型

第4章 持久戦

     △6三銀型
     対居飛車穴熊

コラム1 AIと私
コラム2 私の趣味
コラム3 天才の世界か!?

著者プロフィール

  • 戸辺誠(著者)

    1986年8月5日、神奈川県横浜市生まれ。
    1998年9月、6級で奨励会入会。加瀬純一七段門下。
    2006年10月、四段 2016年6月、七段
    中飛車や三間飛車を得意とする振り飛車党。一見は無理そうに見えても、攻めがつながると見れば仕掛けていく棋風で、その攻めは「戸辺攻め」と呼ばれている。
    第68期順位戦C級1組で全勝し、B級2組へ(2年連続昇級)。王位リーグなどでも活躍し、第37回(2009年度)将棋大賞では新人賞を受賞。
    著書は『戸辺流 こだわりのゴキゲン中飛車』、『振り飛車4→3戦法』、『楽しく勝つ!! 力戦振り飛車』、『戸辺流相振りなんでも三間飛車』、『戸辺流現代振り飛車手筋集』(マイナビ出版)、『将棋DVD 攻めて強くなる戸辺流中飛車』(ルーク)、『石田流を指しこなす本 急戦編』、『石田流を指しこなす本 持久戦編』(浅川書房)など多数。
    「自由が丘戸辺誠将棋教室」を開くなど、普及活動にも力を注ぐ。
    日常を綴った戸辺流ブログ(http://tobemakoto.blog55.fc2.com/)や、YouTubeで「戸辺チャンネル」(https://www.youtube.com/channel/UCiHAedeiqrrCeiLSZlaLv3A)を公開中。

新着商品!

商品一覧へ