将棋情報局

第13期 >> 五番勝負第5局

記者会見

2020.06.03

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3連覇を果たした西山女王は、感想戦後に記者会見に臨みました。
(銀杏)


―――女王3連覇のお気持ちをお聞かせください。

西山 防衛戦のほうが挑戦者よりも大変だとタイトル戦を重ねて思っていて、3連覇よりも防衛をできたことがうれしいです。

―――今回3勝2敗の接戦でした。シリーズを振り返っていかがでしたか。

西山 三段リーグが終わった直後のタイトル戦で、気持ちの切り替えが大変だったが、なんとか立て直せたのがいい結果につながったと思います。

―――そのモチベーションはどのように回復できたのでしょうか。

西山 ゆっくりする時間は大量にあったので、そのときにいろいろ考えて、まだまだ大事な対局があると思うと、くよくよしていられないと思って切り替えられました。




―――新型コロナの影響で、第1局は陣屋でしたが、第2局以降の対局場が変わりました。そうした状況での対局についてうかがいます。

西山 タイトル戦が延期される棋戦が多い中で、マイナビ女子オープンを開催してくださいました。私にとっては、いつ対局ができるのか不安がありましたので、うれしく思います。
将棋ができるということを感謝しないといけないと思っていたので、ありがたいことでした。


―――去年は里見さんとのシリーズ、今年は加藤さんとのタイトル戦でした。

西山 選ばれる戦型や棋風が違います。前期よりは加藤さんと対戦した前々期のことを思い出しつつ臨みました。

―――今日の対局の内容はいかがでしたか。

西山 いままでは、攻めていく将棋が多かったですが、少しずつ我慢強い手を指せるようになってきたかと思ってきたところで、そうした指し回しができた。少し形勢を悪くしたかもしれないが、成長だったと思う。

―――五番勝負の内容面ではいかがでしたか。

西山 よくも悪くも自分らしい将棋を全局で指せたと思います。悔いのあるような内容はあまりなかったです。

―――挑戦よりも防衛戦が大変という話でしたが、具体的にどういうところでしょうか。

西山 防衛戦のほうが少なからず失ってしまうプレッシャーがあると思います。そこが内容に作用してくるかと思います。

―――三段リーグが20日に開幕します。そこへの思いをお聞かせください。

西山 今期は新三段が多く、将棋の棋風が知らない相手が多い。そういう人たちにどう対応できるかが勝敗にだいぶ影響してくると思います。そこがいままでと違うところかなと思っているので、意識して挑もうと思います。