将棋情報局

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


図の△8五飛の考慮中に甲斐倉敷藤花が一分将棋に入りました。棋士室では「すごい局面になっているじゃないですか」「ひょえー、飛車打ったんや」の声が上がっています。里見女流三冠の残り時間は25分。

(自らは崩れない指し手を続ける甲斐倉敷藤花)

(飛龍)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


△6五角までの残り時間は▲里見26分、△甲斐7分。

(マイナビ特製マグカップ)

(飛龍)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


甲斐倉敷藤花は1~3筋が凝り形となっていますが、上図は凝り形には触らずに△7三桂~△8四歩と進め、▲6八金寄までの局面。△2二飛と歩を払うと▲2五歩(参考図)が痛打になります。△2五同銀なら▲3三銀成と殺到して先手よし、△2五同桂には▲4三銀不成が飛車金両取りです。

そこで甲斐倉敷藤花は△7五歩と突き出しました。残り時間は▲里見54分、△甲斐23分。


(甲斐倉敷藤花は凝り形を残す順で辛抱した。玉頭方面で勝負したい)

(飛龍)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

棋士室に藤原直哉七段が来訪しました。本日は2階の道場でアドバイザー棋士を務めています。本局解説の西川和宏五段とは新旧奨励会幹事の間柄。話題も奨励会についてのことのようでした。

(左:藤原直哉七段、右:西川和宏五段)

(掲示板にはアドバイザー棋士の告知)

(飛龍)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


図は14時40分頃の局面。後手の5四角は負担になりつつあり、先手が6六に打った角は働きそう。先手、里見女流三冠の模様がよいと見られています。▲5五銀までの消費時間は▲里見1時間52分、△甲斐1時間48分。

(里見女流三冠はペースをつかむ)

(飛龍)