将棋情報局

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


図の局面で清水女流六段が△5五角▲同馬△同竜と決めに出ました。後手の駒が躍動しています。

(琵琶)
 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


図の局面を迎えています。先手玉は△5八金以下の詰めろが掛かっている状態です。伊藤女流二段はこのピンチをどう切り抜けるのでしょうか。
と書いていたら、図から▲5五歩△5九と▲同銀△5七銀と進みました。形勢やいかに……。

(昼食休憩再開後の伊藤女流二段)

(琵琶)
 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


まもなく16時を迎えます。先手の伊藤女流二段が▲5七歩と打った場面です。中継室では図から△2九飛▲5八玉に△5四飛が検討されています。以下、▲9一角成には△3四飛と成銀を取る手が、△6九銀▲6七玉△6六金の詰めろになります。後手が優勢になったという声も聞かれています。
といっている間に△3七歩成が指されました。先手玉が△4九飛以下の詰めろになっており、厳しそうな一手です。

(昼食休憩再開後の清水女流六段)

(琵琶)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


15時過ぎの局面です。伊藤女流二段が1時間1分の残り時間から26分を使って▲3五歩と突きました。先手は右桂の活用、後手は持ち駒の銀が主張点となっているようです。一触即発の様相を呈し、少しでもバランスを崩したら形勢に大きな差がついてしまうかもしれません。

(琵琶)
 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


(口を真一文字に結ぶ清水女流六段)


(盤上を見つめる伊藤女流二段)


(瞑想する清水女流六段の横顔)


(常に表情が変わらない伊藤女流二段の横顔)

(琵琶)