将棋情報局

ついに発売!史上最強の将棋ソフト「将棋神 やねうら王」の全貌

将棋新作ソフト「将棋神 やねうら王」の紹介です。

2018年8月31日(金)に将棋ソフト「将棋神 やねうら王」が発売されます。

201808232335_1-300x0.jpg

弊社サイトでは8月24日(金)にダウンロード版の販売、並びにパッケージ版の予約を開始しました。

ここでは、この画期的将棋ソフトの内容を詳しく紹介いたします。


その1、まずは起動してみる

無事にインストールが終わったら何はともあれ起動してみましょう。

こんな画面が現れます。

201808232335_2-300x0.jpg

はい。まず見た目がキレイです。

画面上部のメニューバーの「表示」から背景、盤の色、駒の種類、駒を持ったときのエフェクトなど、自分好みにいろいろ変えることができます。

例えばこんな感じです。

201808232335_3-300x0.jpg

ゲーム画面自体の大きさもモニターや好みにあわせて自由自在に変えられます。こんなこともできます。

201808232335_4-300x0.jpg

さて、自分好みの表示にカスタマイズしたところで次、いきましょう。


その2、対局してみる

なんといっても対局です。「将棋神 やねうら王」には最強クラスの5つの思考エンジンが同時収録されており、好きなエンジンを選んで対局と検討ができます。

5つの思考エンジンとは
(1)やねうら王 2018年版
(2)tanuki-SDT5版
(3)tanuki-2018版
(4)Qhapaq
(5)読み太
です。

いずれも電王トーナメントやコンピュータ将棋選手権で優勝、または上位入賞しているトップクラスの思考エンジンとなっています。プロと同等、あるいはそれ以上の棋力を持つ相手との対局がマイPCでできるわけですから、夢のようなソフトです。

では早速対局してみましょう。メニューバーの対局を選んで

201808232335_5-300x0.jpg

思考エンジンを選択します。

201808271806_1-300x0.jpg

「とにかく強いやつと戦わせろ!」という孫悟空的な意気込みで2018年6月時点でのレーティング1位、Qhapaqの「将棋神」レベルに親譲りの無鉄砲さで挑んでみることにします。

201808232337_1-300x0.jpg

(2分後)


・・・結果は言うまでもないでしょう(泣)。

ここで「とにかく将棋に勝たせろ!」と価値観を変えてみます。ここで私のおすすめの遊び方はこうです。まずはやねうら王の「10級」に設定して

201808232335_6-300x0.jpg

これに勝って、9級、8級・・・と上げていき、「どこまでいけるかなー」と試してみるのです。これを5つのエンジンでやってみます。そして日々鍛錬を積むことで勝てる段級位をちょっとずつ上げていきます。

このような試行を繰り返すことで少なくとも2年は楽しめます。

また、平手だけでなく駒落ち対局もできますし、持ち時間も自在に変えられますので対局だけでもかなり楽しめます。やっていくうちに5つの思考エンジンの棋風の違いまで見えてくれば、あなたも立派な「やねうラー」です。


その3、検討してみる

対局に並んで重要な機能が検討です。強い将棋ソフトを持っている大きなメリットに「精度の高い検討ができる」ということがあります。そして本ソフトはこれ以上ないハイレベルな検討結果を提供できます。

早速やってみましょう。

下の局面を見てください。

201808232335_7-300x0.jpg

皆さん、おわかりですね?(わかったらすごい)

そうです。第11期マイナビ女子オープン五番勝負第2局。この局面で後手の西山奨励会三段(当時)が指した△4五同桂!があえて飛車を取らせる驚愕の一手。鈴木大介九段が「この数年の振り飛車の手で一番いい手」と激賞した絶妙手で、以下▲2二角成△3七桂成▲2六飛△4七成桂と進み西山三段が快勝。勢いそのままに3連勝して女王を奪取したというお話です。

この局面を検討してみます。

画面上部の「検」ボタンを押してください。以下の画面が現れます。

201808232335_8-300x0.jpg

ん?何これ?パリコレ?と思ってはいけません。
そうです。「将棋神 やねうら王」では検討する思考エンジンも選べるのです!

201808232335_9-300x0.jpg

ここでは第5回将棋電王トーナメントで優勝した「平成将棋合戦ぽんぽこ」こと「tanuki-SDT5版」を選んでご意見うかがってみましょう。

「教えて!たぬきさん!」


201808232335_10-300x0.jpg


画面下部に検討ウィンドウが現れました。

コンピュータの評価値と読み筋が表示されていますが、驚くなかれ!たぬきさんが推奨する最善手は△4五同桂! しかもその後の読み筋も実戦の進行通り。たぬきさんすごい!(というか対局者もすごい)

ちなみに、右下のミニ盤面でコンピュータの読み筋を再現できます。実戦の手順を上の盤で進めつつ、ミニ盤面で読み筋を再生できる。便利な世の中になりました。


このように、プロの対局を観戦しながら検討モードで楽しんでいただければ幸いです。今度の藤井聡太VS里見香奈戦や、いつかあるであろう羽生善治VS藤井聡太戦など、検討しながら観戦すれば楽しさ倍増です。また、思考エンジンが5つありますから、同じ局面を違うエンジンで検討してみるのもいいと思います。
「たぬきさんはこう言ってるけど、読み太はそうじゃないと言ってる」みたいなことになれば面白そうです。

201808232335_11-300x0.jpg

もちろん、自分の対局を検討して、どこが悪かったか、他にいい手がなかったか研究するのも素晴らしく有意義な使い方だと思います。


その4、詰検討してみる

この辺でだんだんお腹いっぱいになってきたと思いますがまだあります。「詰検討モード」です。これは詰みを検討するモードです(そのまんま)。

実戦で詰みがあるかどうかをチェックしたり、詰将棋を解かせてみたりできます。

ここではかの有名な伊藤看寿の煙詰を解かせてみましょう。

201808232335_12-300x0.jpg

詰将棋エンジンは「tanuki-詰将棋エンジン」しかないので、ここはたぬきさんに頑張ってもらいましょう。

201808232335_13-300x0.jpg

「教えて!たぬきさん!」(本日2度め)

201808232335_14-300x0.jpg

さすがのたぬきさんも苦戦したようですが、探索局面数148,731,808にして詰みを発見したようです。たぬきさん、おつかれ様でした。


これらの主なメニューの他に「盤面編集」「棋譜編集」「棋譜の読み込み・保存」といった将棋ソフトの基本機能が実装されています。
また、「将棋神 やねうら王」では今後、形勢グラフの表示や連続対局といった新機能をバージョンアップとして提供していく予定です。


最強レベルの思考エンジン5つ同時収録した夢のソフト「将棋神 やねうら王」。
これはもう、買う一手でしょう。


201808232346_1.jpg

 
将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者