将棋情報局

叡王戦七番勝負の見どころ 金井恒太六段―高見泰地六段

14日に開幕する叡王戦七番勝負。両者のプロフィール、成績からシリーズの見どころを考察します。

第3期叡王戦(ドワンゴ主催)七番勝負第1局が、4月14日に名古屋市「名古屋城」で行われます。 本コーナーでは両者のプロフィール、成績などからシリーズの見どころを探ります。

 

両者近影・プロフィール

 

六段 金井恒太

昭和61年5月25日、埼玉県の生まれ。平成11年8月、6級で飯野健二七段門。13年9月初段、19年4月四段。22年3月五段、28年3月六段。

 

六段 高見泰地

平成5年7月12日、神奈川県横浜市出身。17年4月、6級で石田和雄九段門。19年12月初段、23年10月四段。26年5月五段。30年1月六段。

 

 

金井六段31歳、高見六段24歳。金井六段は第4局の前日に誕生日を迎えます。両者初のタイトル戦登場で、必然的にどちらが勝っても初タイトルとなります。

将棋年鑑のアンケートより

身長・体重・血液型

金井 167cm 56kg O型
高見 173cm (回答なし) O型

会ってみたい有名人は?

金井 浅田真央
高見 三浦大輔投手

将棋を覚えた年齢、きっかけを教えてください。

金井 4歳の頃、祖父にルールを教わった(ただし、桂馬や香車が戻っていた恐れがある)
高見 6歳のとき、父から買ってもらったボードゲームセットの中に将棋が入っていた

これからの目標は?

金井 リベンジ
高見 精神の安定

今一番欲しいものはなんですか

金井 10年前の記憶力
高見 カジュアルな腕時計

対局中につい出てしまう癖はありますか?

金井 勝手読み
高見 死んだふり(自覚はないが周りからよく言われる)

対局前日の過ごし方を教えてください

金井 家でゆっくりしながら、翌日のことについて考える
高見 自宅で安静に過ごす

 

 

血液型O型、スポーツ選手に会ってみたいという点が共通しています。

対局前日の過ごし方も回答が似ていますが、タイトル戦は前日から現地入りしますので、自宅でというわけにはいきません。どちらがより高い順応力を見せるのでしょうか。

金井六段の「出てしまう癖」への回答が「勝手読み」となっていますが、それが頻繁にでるようでは大舞台には立てませんから、謙遜が入っているものと思われます。

中継を楽しみにされている方も多いと思います。名人戦第1局では佐藤天彦名人の上体を低くする姿勢が話題になりましたが、叡王戦では高見六段の本人は自覚のない「死んだふり」が見られる可能性があります。

 

両者の対戦成績

公式戦初手合となります。

 

叡王戦 決勝までの道のり

金井六段

高見六段

 

 

両者、本戦での勝ち上がりは全員A級経験者かつタイトル戦経験者で、圧巻のひと言に尽きます。

金井六段のほうは、段位別予選でもタイトル戦経験者を2人(永瀬、千田)倒しています。

両者の公式戦直近10局

金井六段

高見六段

 

 

金井六段は4連勝4連敗を含む5―5と波が見られますが、一番最近の1局は竜王戦ランキング戦降級の目をなくす勝利でした。気を良くして名古屋入りできるのではないでしょうか。

高見六段のほうは7―3と好調を維持。ただ、一番最近の対局は敗れています。

戦型予想など

両者居飛車党で、上表を見ても金井六段が1局相振り飛車を指しているのみ。基本的には相居飛車系の将棋に進むことが予想されます。

横歩取りは数局見られると予想します。一方が角換わりを志向した際に、もう一方が受けるのか、それとも角交換を拒否して雁木など最新の将棋に進むのかは予想がつけづらく、要注目とさせていただきます。

また棋界初の試みとなる変則的持ち時間制にも注目です。第1局で先手番を得た金井六段が第1、2局の「5時間」、後手番の高見六段が第3、4局の「3時間」を選択しました。どちらかの4連勝ならここまでで終わってしまいますが、それ以外のほうが起こる確率が高いでしょう。第5、6局は「1時間」、フルセットになれば第7局は「6時間」で指されます。このルールをどちらが味方にするのでしょうか。

対局はニコニコ生放送将棋連盟ライブ中継でご覧いただけます。

日程は以下の通りです。

場所 持ち時間 先手
4月14日(土) 名古屋市「名古屋城」 各5時間 金井
4月28日(土) 福岡県宗像市「宗像大社」 各5時間 高見
5月12日(土) 宮城県宮城郡松島町「瑞巌寺」 各3時間 金井
5月26日(土) 群馬県富岡市「富岡製糸場」 各3時間 高見
6月3日(日) 甲府市「常磐ホテル」 各1時間 金井
各1時間 高見
6月10日(日) 山形県天童市「ほほえみの宿 滝の湯」 各6時間 (振り駒)

将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者