将棋情報局

伊藤果八段の詰将棋手直し塾

伊藤果八段の詰将棋手直し塾 第2回 ~しまる職安さんの場合~

伊藤果八段があなたの詰将棋を本気で手直し!

「詰将棋作ってみたい、でもうまくできない」という方を全力で応援するこの企画。

題して、「伊藤果八段の詰将棋手直し塾」。

詰将棋作家として知られ、「果し状」をはじめ数多くの作品集を世に出している伊藤果八段が、皆さんからいただいた詰将棋を本気で手直しいたします。

今回は第2回です。それでは、どうぞお楽しみください。

======================

島田「伊藤先生、2回目の詰将棋手直し塾の時間がやって参りました。今回もどうぞよろしくお願いいたします」

伊藤「はい。こちらこそ、よろしくお願いいたします」

島田「今回は『しまる職安』さんからご応募いただいた作品を題材にしたいと思います。(といって、喫茶店でマグネット盤に駒を並べ始める。・・・できました!」

201712051124_1.jpg

伊藤「作意は▲1二香成△同玉▲1三飛△2一玉▲1一飛成△3二玉▲4二角成△同玉▲3一龍△4三玉▲5五桂△同金▲4四角成△同玉▲3四龍までの15手詰ですね」

201712051124_2.jpg

島田「・・・先生、今回も正直に言わせていただいてよろしいでしょうか?」

伊藤「はいどうぞ」

島田「今回も悲しいくらいうまくないですか? 初手▲1一香成と取れるんですが、それだと△3二玉で詰まないんですね。あえて▲1二香成とすることで今度△3二玉には▲4二飛△2三玉▲1三成香と引けると」

201712051124_3.jpg
※「杏」は成香です

伊藤「そういうことですね」

島田「いやいやいや、先生!もっと感心していいところですよ、ここは。しかも収束も桂捨てからの角捨てからの飛車成りで最後は攻め駒2枚、ぴったり決まってます。前回以上に非の打ち所がない様に見えるんですけど、本当に手直しできるんでしょうか?」

伊藤「確かに今回の作品も詰将棋の基本ができています。収束もきれいに決まっていますね。ただ、初手の▲1二香成なんですが、これは1一桂がない状態で指したい手なんです。実戦ではもちろん▲1一香成から考えるのが自然なんですが、詰将棋の場合初手から駒を取ることはほとんどありませんから」

島田「むむっ。なるほど、詰将棋に慣れた方にとっては、この配置だとむしろ▲1二香成が見え透いた感じになってしまうと」

伊藤「ええ、さっきも言ったとおり、1一桂がなければ良い手になるんですけどね」

島田「確かに投稿者のしまる職安さんご本人も『1一桂は残念な配置、持ち駒にしたい』とおっしゃっています」

伊藤「と、いうことで今回私はこんな風に手直ししてみました」

島田「いったいどう手直しされたか、気になります(ドキドキ)」


(マグネット盤に駒を並べ始める伊藤先生)

伊藤「・・・できました」

201712051124_4.jpg

島田「・・・確かに1一桂はなくなりましたけど、その他もいろいろ変わってます。前回もそうでしたけど、元の作品が跡形もなく消え去っているように見えますが大丈夫なんでしょうか?」

伊藤「順に説明していきましょう。まず初手は▲1二角と打ちます。元の作品では▲1二香成△同玉に▲1三飛(下図)としていましたが、これは少し重い感じです」

201712051124_5.jpg

島田「角、角、飛車、となってますからね。確かに重量級です」

伊藤「ええ、しかも2四銀が▲1三角成を防いでいるだけの駒ですから、あまり働きがありません。今回の手直しに当たって、まずこの辺りをスッキリさせたかった、ということがあります」

201712051124_6.jpg

島田「なるほど、確かにスッキリしてます」

伊藤「初手▲1二角に△3一玉は▲2一飛までですから△2二玉と逃げます。▲2一飛△3三玉と進んで、あとは島田さん、詰ましてみてください」

201712051124_7.jpg

島田「えっ!いきなりのムチャ振り!?聞いてませんよー。(といって考え始める私)う~ん・・・、私の経験とカンからすると、こういうのは大体▲3二桂成です」

201712051124_8.jpg
※「圭」は成桂です

伊藤「おっ、素晴らしい、正解です。△同角は▲2四飛成で詰みですから△同玉の一手ですね」

201712051124_9.jpg

島田「あっ、確かにそうです(読んでなかった)。でもここまで進めば分かりました!元の作品の収束と同じですね。▲3三歩△同玉に▲4五桂と打って・・・」

伊藤「ん?なにが同じなんですか?(と、言いながら▲4五桂に△3二玉)」

201712051124_10.jpg

島田「あれ!?詰まなくなっちゃいました。先生、どうしたらいいんですか!泣きそうです」

伊藤「泣かないでください。▲4五桂の前に▲2四飛成と一回成ればいいんです」

201712051124_11.jpg

島田「おおっ!!△3二玉に▲2一龍△3三玉、そこで▲4五桂と打てば!」

201712051124_12.jpg

伊藤「そうです。今度は△3二玉とできませんから△同金▲3四角成△同玉▲2四龍までの詰みとなります」

201712051124_13.jpg

島田「詰みました!パチパチパチ~」

伊藤「最後は元の作品と同じ収束手順です。手直しのポイントとしては、前半の香成りや飛車打ち、駒取りなどは省いてしまって、主題をはっきり見せた、ということです」

島田「なるほど」

伊藤「元から収束はキッチリ決まってましたからね。また、主題をクローズアップしたことで全体の配置もコンパクトにまとまりました」

島田「元の作品で5筋にいた3枚の駒が4筋に移動してます。5×5から4×5になりました」

伊藤「あと、これは前回と同じですが、駒を打ってから使う『2度使い』ですね。元の作品では角が最初から盤上に配置してありましたが、改作図では初手に▲1二角と打って、その角を最後に成り捨てる、というように活用しています」

島田「確かにそうなってます。詰将棋に慣れてくると、そういうところに目が行くようになるんですね(レベルが上がった。島田は『2度使い』を覚えた)」

伊藤「途中もすぐに▲4五桂とすると詰まないので、打った飛車を一度▲2四飛成と活用しました」

島田「『2度使い』ですね!(早速使っていくぅ)」

伊藤「その通りです」

島田「最初に作品を見たときはどうやって手直しするんだろうと思いましたが、さすが先生、今回もプロの技を見せていただきました」

伊藤「いえいえ」

島田「それでは第2回はこの辺で終了といたしましょう。先生、今回もどうもありがとうございました!」

伊藤「こちらこそありがとうございました」



【今回の手直し】

<元の作品>
201712051124_14.jpg

<手直しした作品>
201712051124_15.jpg

(第3回に続く)
======================


以上で第2回「伊藤果八段の詰将棋手直し塾」はおしまいです。

いつかある第3回をお楽しみに!


伊藤果八段による詰将棋文庫
3手詰から始める 棋力アップ詰将棋200」(12月26日発売)は絶賛予約受付中です!こちらもお見逃しなく!

201712051124_16.jpg
 

『伊藤果八段の詰将棋手直し塾』の記事一覧はこちら


将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者

伊藤果(著者)
伊藤 果(いとう・はたす)
 昭和25年9月16日、京都市の生まれ。
38年6級で(故)南口繁一九段門。47年東京に移り(故)高柳敏夫名誉九段門。昭和50年6月四段。平成7年七段。23年6月引退。28年4月八段。
昭和48年古豪新鋭戦準優勝。55年将棋大賞連勝賞。昭和56年新人王戦準優勝。昭和57年NHK杯戦準優勝。平成7年竜王戦1組昇級。平成11年通算400勝。
 奨励会時代から詰将棋作家として知られ、「近代将棋」「将棋マガジン」「将棋世界」各誌の詰将棋欄を担当。昭和56年塚田賞短編賞。
 作品集は『果し状』(平成28年)、『残影』(昭和51年)、『詰のオルゴール』『王様殺人事件』(平成8年)等多数。 他に『詰将棋の創り方』(昭和58年)『詰将棋タイムトライアル 』(平成24年)『将棋が強くなる詰将棋トライアル200』(平成26年)。