藤井聡太棋聖が二冠目獲得なるか!? 木村一基王位が踏みとどまるか!? 第61期王位戦七番勝負第4局|将棋情報局

将棋情報局

藤井聡太棋聖が二冠目獲得なるか!? 木村一基王位が踏みとどまるか!? 第61期王位戦七番勝負第4局

大注目の第4局の戦型は相掛かり。木村王位が工夫を見せ、早くも前例のない戦いに

電子書籍やソフトが大幅割引! 将棋情報局夏祭り開催中

木村一基王位に藤井聡太棋聖が挑戦する、第61期王位戦七番勝負(主催:新聞三社連合)第4局が8月19・20日に福岡県「大濠公園能楽堂」で行われています。ここまで一気の3連勝で奪取まであと1勝としている藤井棋聖か。それとも木村王位が意地を見せるのか。果たして勝つのはどちらになるのでしょうか。本日は2日制対局の1日目。18時に封じ手が行われ、決着は明日の見込みです。

第4局は木村王位の先手番で相掛かりとなりました。木村王位は前期の七番勝負で先手番相掛かりを用いて2勝をあげており、タイトル奪取の原動力となった戦型です。

今期は第2局が相掛かりとなりました。中盤で優勢を築いたのは木村王位。相手の攻めを呼び込んで反撃するカウンターが見事に決まります。ところが藤井棋聖は不利になってから、常に相手にプレッシャーをかけ続ける指し回しで木村王位に楽をさせませんでした。そして最終盤に木村王位に痛恨の失着が出て、ついに逆転へと至ったのです。

手痛い逆転負けを喫したものの、一局を通じてほぼすべての時間で優位に立っていた木村王位。負ければ終わりの第4局で相掛かりを再び採用したのもうなずけます。

一方、藤井棋聖の後手番相掛かりの戦績はプロ通算19勝7敗で勝率7割3分1厘。一般的には高い勝率ですが、通算勝率が8割4分を超える藤井棋聖にとっては得意とは言えない戦型です。ただ、直近1年では4勝1敗の成績を残しており、その中には後のタイトル獲得につながる、ヒューリック杯棋聖戦の挑戦者決定戦、永瀬拓矢二冠戦も含まれています。

本局は木村王位が23手目に2四の飛車を▲2五飛と引く新手を指して前例を離れました。従来は▲2六飛と六段目に飛車を引いていたところ。ここまでは事前に想定できる進行のため、木村王位は入念に研究した上で、この手に命運を懸けたのでしょう。

木村王位は五段目の飛車を生かして、35分の考慮の末▲1五歩△同歩▲1四歩と1筋から先攻していきました。この攻め筋は相掛かりで頻出の筋で、部分的には第2局で藤井棋聖も指しています。藤井棋聖も▲1四歩に対して31分考えて△1六歩と着手。それに対し今度は木村王位が23分考え、▲1五飛と回りました。2日制対局らしく、1日目午前から持ち時間をたっぷり使うスローペースな展開になっています。この1筋での折衝が1日目の見どころとなりそうです。


藤井棋聖が奪取か、木村王位が反撃ののろしを上げるか、運命の第4局対局前の様子(提供:日本将棋連盟)

電子書籍やソフトが大幅割引! 将棋情報局夏祭り開催中
将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者