将棋情報局

藤井聡太棋聖が3連勝! 藤井棋聖だけが見えていた幻の妙手 第61期王位戦第3局

藤井棋聖は二冠目獲得まであと1勝。羽生善治九段が持つ最年少二冠保持者記録更新がかかる

木村一基王位に藤井聡太棋聖が挑戦する将棋のタイトル戦、第61期王位戦七番勝負第3局(主催:新聞三社連合)が8月4、5日に兵庫県「中の坊瑞苑」で行われました。結果は149手で藤井棋聖の勝利。一気の3連勝で二冠目のタイトル獲得まであと1勝としています。

相矢倉の将棋になった本局。藤井棋聖が令和の時代によみがえった昭和の布陣である、「土居矢倉」を採用し、仕掛けていきました。一方の木村王位は金銀4枚の守りで受ける方針。藤井棋聖の攻め、木村王位の受けという棋風通りの展開になりました。しかし、「攻められっぱなしだったので、つまらない展開にしてしまった」と局後振り返ったように、木村王位としては本意の展開ではなかったようです。

藤井棋聖は快調に攻めをつなげ、優位を拡大していきます。木村王位は攻めの手を全くと言っていいほど指せずに防戦一方ながら、決して崩れません。持ち駒の銀を自陣に打ち付け、不屈の粘りで抵抗します。さらに成駒を作って上部開拓をし、入玉を目指して頑張ります。

この粘りが藤井棋聖の指し手を狂わせました。普段はソフトが指しているのかと思わさせられるほど、正確無比な終盤力をほこる藤井棋聖ですが、この日は乱れます。「見落としがあり、厳しくなってしまった」と藤井棋聖。ABEMAの中継で表示される評価値は逆転し、木村王位わずかに良くなりました。

ミスによって藤井棋聖の攻めはみるみる細くなり、木村王位の入玉は目前となりました。藤井棋聖は自陣の金も活用し、なんとか木村玉に詰めろをかけます。この詰めろさえしのげば抜け出せる、そんな局面が訪れます。木村王位は馬取りに銀を打って詰めろを受ける△3三銀を選択。当然に見えたこの手がなんと敗着となってしまいました。

馬取りで先手を取って受けられる、当たり前の指し手に思えるこの手がなぜ駄目だったのか。それは数手後に明らかになります。藤井棋聖は王手で馬を逃がした後、働きの弱かった2一の銀を▲3二銀成~▲3三成銀と活用。▲3三成銀で先ほど木村王位が打った銀を入手することで、攻め駒を増やせたのです。手にした銀が木村玉を寄せるのに活躍して勝負あり。最後は働きの弱かった自陣の飛車を切る、見事な順で藤井棋聖が木村玉を寄せ切りました。

では、木村王位はどうすればよかったのか。ソフトが△3三銀の代わりに示したのが△1三銀でした。2四の地点を受けるのは△3三銀と同じ。違いは目標になりにくいという点ですが、見えにくい一手です。事実、「千駄ヶ谷の受け師」の異名を持つ木村王位をもってしても発見することができませんでした。

本局の△1三銀に限らず、ソフトが人間には指しにくい手を指摘することはよくあります。「人間には指せない一手」などと評され、人間対人間の勝負にはあまり影響を及ぼさないものです。△1三銀もそのたぐいの手だろうなと筆者は思っていました。感想戦の模様を見るまでは。

ところがなんと、藤井棋聖は感想戦で△1三銀を指摘したのです。藤井棋聖には見えていた一手でした。木村王位も指摘されると、感心し納得した様子。恐ろしい18歳だとつくづく実感します。

本局を制した藤井棋聖は王位獲得まであと1勝です。もし獲得となれば、これまで羽生善治九段が持っていた21歳11カ月の記録を塗り替え、最年少二冠保持者となります。この記録達成まであと3年以上も猶予があるため、更新はほぼ確実とみますが、この王位戦で達成してしまうのでしょうか。第4局は8月19・20日に福岡県「大濠公園能楽堂」で行われます。

20200806.jpg
負けなしの3連勝で二冠獲得に王手をかける藤井棋聖(提供:日本将棋連盟)


将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者