将棋情報局

アラフォーで開花! 佐藤和俊六段が竜王戦1組昇級、七段昇段

得意の先手中飛車で森内俊之九段を下す 第32期竜王戦

広瀬章人竜王と豊島将之名人による七番勝負が繰り広げられている第32期竜王戦(主催:読売新聞)ですが、同時に進行している昇級をめぐる争いも佳境に入っています。

竜王戦は全棋士が1組から6組までの6つのトーナメントに分かれて戦いますが、6組の上位者は来期5組昇級、というように上の組にあがることができます。上の組に行くほど挑戦の可能性が高くなるとともに、昇級によって昇段できる場合もあるため、挑戦者が決まったあとでも昇級をめぐって熾烈な戦いが繰り広げられます。

10月30日には竜王戦2組の昇級者決定戦、つまり「勝ったほうが1組に昇級する」という大きな一番がありました。対戦したのは森内俊之九段と佐藤和俊六段。森内九段は十八世名人の資格を持つ言わずと知れた大棋士。対する佐藤六段は現在41歳ですが、ここ数年で活躍が目立つようになった棋士です。2016年度の第66回NHK杯テレビ将棋トーナメントで準優勝、2018年度の第77期順位戦では、参加15期目でついにC級2組からC級1組への昇級を決めました。

対局は佐藤六段の得意の先手中飛車に対して森内九段が2枚の銀を前線に繰り出して対抗。激しい玉頭戦となりましたが、佐藤六段の攻守にバランスのとれた指し回しが光り、強敵相手に大きな白星を上げました。

佐藤六段はこの1勝で竜王戦1組への昇級を決めるとともに、七段昇段も果たしました。

これまでも実力者といわれながら、なかなか結果を出せなかった佐藤七段ですが、ここへ来て一気に開花した印象です。佐藤七段の今後の活躍、来期竜王戦1組での戦いぶりに注目です。

191031.jpg
佐藤和俊七段


将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者