将棋情報局

注目の名人戦第1局はまさかの千日手に。1日目の千日手は超レアケース

佐藤天彦名人に豊島将之二冠が挑戦する第77期名人戦七番勝負は、第1局が4月10日(水)から東京都文京区「ホテル椿山荘東京」で行われ、同日15時2分に58手で千日手が成立。翌11日に指し直し局が行われることになりました。

名人戦対局規定に則って、指し直し局は翌11日に行われることになりました。なお対局規定によると、15時以前に千日手が成立した場合はその日のうちに指し直し局を行うことになっており、あと数分千日手成立が早ければ、同日に指し直し局が行われることになっていました。

2日制対局の1日目に千日手が成立したのは、昭和61年に行われた第35期王将戦七番勝負の第3局、中原誠王将-中村修六段戦以来、実に33年ぶりです。

第35期王将戦の第3局は1日目早々に65手で千日手が成立。先手の中原王将の消費時間は1時間7分、後手の中村六段の消費時間は2時間6分でした。
そして当時の王将戦対局規定では「千日手指し直し局の持ち時間は、双方残り時間の合計を割ったものとする」というものでした。つまりどちらがどれだけ時間を使ったとしても関係なく、指し直し局の持ち時間はどちらも一緒、ということです。
今の感覚からしたら「ホントかよ!」というようなルールですね。
本局では中村六段のほうが1時間あまり余計に時間を使っていたので、中村六段はかなり持ち時間を得したという計算になります。中原王将としてはちょっと気分が悪い中の指し直し局だったのかもしれません。
そのせいかどうかはわかりませんが、本局は中村六段が制し、シリーズも中村挑戦者の奪取という結果になっています。

誰もが予想外のスタートとなった第77期名人戦。第1局の指し直し局は11日に行われます。
将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者