マナティ

UnityおすすめAsset集

第7回目:Bird Flock

今回紹介するのは「Bird Flock」というAssetです。有料で$16.15になり、たくさんの鳥を飛ばすことができます。単に鳥を大空に飛ばしただけでは面白くないので、大海原に塔を浮かべて、その周囲を沢山の鳥が飛び交うようなコンテンツを作ってみましょう。

Bird Flockのインポート

Asset Storeの検索欄に「Bird Flock」と入力すると表示されますので、「ダウンロード」→「インポート」進んでください(図1)。筆者は何度も使用していますので、「インポート」と表示されています。

zu_01.png

図1 Bird Flockのインポート画面

図1から「インポート」をクリックすると、UnityのProject内に図2のようなフォルダが作成され、必要なファイルが取り込まれます。

zu_02.png

図2 必要なファイルが取り込まれた

海(水)のAssetを読み込む

次に海のAssetを読み込みますが、これはAsset Storeからではなく、Unityメニューの「Assets」→「Import Package」→「Environment」と選択すると、読み込むことが出来ます(図3)。

zu_03.png

図3 Environmentをインポートする

すると、図4のように必要なファイルが読み込まれます。

zu_04.png

図4 Environmentのファイルが読み込まれた

次に海の中にそびえる塔をAsset Storeからインポートします。「Ruined Tower Free」という無料のAssetを「ダウンロード」→「インポート」します(図5)。

zu_05.png

図5 Ruined Tower FreeをImportする

舞台を作る

舞台を作ると言っても今回は、Plane(床)を配置する必要はありません。今回はProjectの「Assets」→「Standard Assets」→「Environment」→「Water」フォルダにあるWaterProDaytime.prefabをScene画面にドラッグドロップしてください。海のサイズをInspectorのTransformのScaleの「X」、「Z」に「100」を指定して広くしておいてください。すると図6のように大海原が出現します。位置は各自が、トランスフォームツールの移動アイコンで調整してください。

zu_06.png

図6 大海原が出現した

大海原に塔を配置する

Projectの「Assets」→「Mesh」フォルダにある「Ruined Tower_01.fbx」をScene画面内ドラッグ&ドロップします。Game画面を見ながら塔の位置をトランスフォームツールの移動で適当な位置に配置してください。また少し塔を高くするために、これもトランスフォームツールの拡大・縮小ツールで操作してください。またMain Cameraの位置も操作して、最終的に図7のように表示されるようにしてください。

zu_07.png

図7 大海原が出現した

沢山の鳥を配置する

Projectの「Assets→Bird Flocks」→「Bird Flock Sparrow」→「Prefabs」フォルダにある、「Flock Controller Avoidance.prefab」をScene画面内ドラッグ&ドロップしてください(図8)。図8のScene画面内に青色の矩形が表示されます。この矩形をあまり高い位置に配置すると鳥の群れが上空高くに表示されて見えにくくなりますので、図8程度の位置にしておいてください。

zu_08.png

図8 Flock Controller Avoidance.prefabをScene画面内ドラッグ&ドロップした

では、これで一度Playしてみましょう。図8のように鳥の群れが塔の周囲を飛び交います。

zu_09.png

図9 鳥に群れが塔の周囲を飛んでいる

図9を見ると少し空が殺風景なので空の設定をしてみましょう。

空の風景の設定

空の風景の設定については第3回目で解説しているので、そちらを参照して、Asset Storeから「Sky5X One」をインポートして、Unityメニューの「Window」→「Lighting」から設定してください。今回は図10のような夕暮れの空の風景に設定にしてみました。

zu_10.png

図10 夕暮れの空の海原にそびえる塔

では、これでPlayしてみましょう。図11のように、夕暮れの大海原の空の上を、鳥の群れが舞っています。なんと幻想的ではないでしょうか。Unityでは、こういったことが、まったくのノンプログラミングで実装出来る点がすごいと筆者は思いますが、いががでしょうか?

zu_11.png

図11 夕暮れの大海原の空の上を鳥の群れが舞う

実際に動画で撮ったのが動画1です。

夕暮れの大海原の空の上を鳥の群れが舞う動画

動画1 夕暮れの大海原の空の上を鳥の群れが舞う動画

今回は、鳥の群れを大海原の上に飛ばしましたが、Terrainで自然を作成して、自然の晴れた大空の上を鳥が舞うのも面白いと思います。またAsset StoreでビルディングのAssetをインポートして、ビルディングの谷間に鳥の群れを飛ばすのも面白いのではないでしょうか。いろいろとアイデアは湧いてくると思いますので、各自がいろいろ試してみてください。またSceneフォルダ内には、サンプルのunityファイルも用意されていますので、興味のある方は見て、参考にして、自分なりのコンテンツに応用するといいでしょう。

次回は最終回です。鏡の役割をもったAssetである「Mirror Effect(有料)」の使い方について解説しましょう。お楽しみに。

著者プロフィール

薬師寺国安事務所 薬師寺国安(著者)
薬師寺国安事務所代表。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット「PROJECT KySS」を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySSの活動に本格的に参加。.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。現在はUnity5、UE4、Excel VBAについて執筆活動中。
Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。