マナティ

86354-214-3.jpg

購入形態

EPUB
1,614円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

SUPERサイエンス 「毒」と「薬」の不思議な関係

シーアンドアール研究所

医薬品の中には、素晴らしい「薬」だと思われているものが、実は恐ろしい「毒薬」というものがあります。しかし、このような例は珍しいことではありません。ほとんど全ての薬は服用量を誤れば毒となります。本書は、化学の発達と共に人類が手にした薬の知識や毒の歴史をイラスト入りでわかりやすく解説します。※本書に記載してある内容は、毒と薬の歴史や化学知識を知ることで家庭などで起こる事故を未然に防いだり回避することを目的としています。テロや違法行為を助長する意図はありません。また具体的な製造法に触れたり、違法行為の方法は一切記述してありません。

目次

●Chapter.1さまざまな爆発
●Chapter.2爆薬の歴史と爆発事故
●Chapter.3身近で起きる爆発の危険性
●Chapter.4戦争と爆薬
●Chapter.5現代社会の爆薬の活用と開発
●Chapter.6爆発は化学反応
●Chapter.7原子核の爆発
●Chapter.8爆薬によらない爆発

著者プロフィール

  • 齋藤 勝裕(著者)

    齋藤 勝裕(さいとう・かつひろ)
    名古屋工業大学名誉教授、愛知学院大学客員教授。大学に入学以来50年、化学一筋できた超まじめ人間。専門は有機化学から物理化学にわたり、研究テーマは「有機不安定中間体」、「環状付加反応」、「有機光化学」、「有機金属化合物」、「有機電気化学」、「超分子化学」、「有機超伝導体」、「有機半導体」、「有機EL」、「有機色素増感太陽電池」と、気は多い。執筆暦はここ十数年と日は浅いが、出版点数は150冊以上と月刊誌状態である。

    【担当編集者から】「毒と薬は紙一重」というように、風邪薬や胃腸薬など普段飲んでいる薬でも、服用量を誤って飲みすぎれば毒になりかねません。本書では、毒と薬の関係や正しい化学知識がイラスト入りでわかりやすく学べます。(西方 洋一)