マナティ

86354-065-1.jpg

購入形態

書籍
1,430円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

[マンガでわかる]お母さんのための子どものしつけとマナー

シーアンドアール研究所

子どもをしっかりとした大人に育てるためには、まずお母さんがしつけやマナーを覚える必要がある。お母さん自身に知ってもらいたいしつけやマナー、子どもとの接し方などを、小笠原流礼法の総師範がマンガを交えて優しく説明。

目次

●第1章
挨拶ができる子にするために
●第2章
子どもの叱り方・褒め方・接し方
●第3章
家族の一員として
●第4章
食事から学ばせること
●第5章外出先でのマナー

著者プロフィール

  • 鈴木万亀子/監修:認定NPO法人マナーキッズプロジェクト(著者)

    鈴木 万亀子(すずき まきこ)
    小笠原惣領家32世小笠原忠統公に仕え、的伝総師範と花押を賜る。玉川学園女子短期大学講師歴任。現在、中学校3校の道徳、礼法講師を務め、霞会館、芝増上寺、小笠原伯爵邸、その他にて師範育成。映画“たそがれ清兵衛” “武士の一分”その他TVドラマ所作指導。NHK、他民放に出演する傍ら、認定NPO法人マナーキッズプロジェクトにてマナー指導。日本マナー・プロトコール協会 評議委員 一級審査員。他、小笠原家茶道古流、山田流箏曲、茶花も教授。公、一般企業の研修も行う。

    【担当編集者から】
    ちゃんとした子にするには、「まずはお母さんがしっかりしなきゃ!」ということで、小笠原流礼法の総師範が、若いお母さん向けにマナーやしつけ方などをアドバイス。マンガで楽しく理解できます。ちょっとした日常生活の中にも、子どもを教育できる場面が結構あるものです。
    (遠藤 直樹)