電子書籍ビジネス調査報告書2023|Tech Book Zone Manatee

マナティ

2950175911000000000i.jpg

購入形態

PDF
85,800円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

電子書籍ビジネス調査報告書2023

インプレス

電子書籍市場の動向を詳細に解説

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、デジタルコンテンツのニーズは高まり電子書籍の利用は急速に拡大した。しかし、新型コロナが落ちついてくると人々の外出機会も増加、また、広告市況の影響等により、市場成長は緩やかになっている。
電子書籍ストアやアプリにおいては、マーケティング力やグループ力、作品力の高さ等により引き続き成長をしているところと、苦戦を強いられているところとが見られるようになっている。
一方、Webtoonと呼ばれるスマートフォンに特化したカラーの縦スクロールのコミックがブレイクしつつあり、異業種からの参入表明も相次いでいる。総合ストアにおいても、縦スクロールコミックに対応する動きが多く見られる。出版社の参入表明等も続いており、今後が注目される。また、翻訳して海外展開を睨んだ動きも多く、電子書籍ストアの積極的な海外展開と合わせて今後が注目される。
本調査報告書は、このような電子書籍市場について、市場規模、国内及び米国の電子書籍分野で理解すべき最新動向、各関連プレイヤーの動向、ユーザーの電子書籍の利用動向など多角的に分析している。
第1章では、電子書籍市場規模の推計結果を解説している。
第2章では、事業者、製作、取次事業者、電子図書館、専用端末など、電子書籍市場の最新動向を多角的に分析している。
第3章では、注目を集めるWebtoonについて、より詳細な解説を掲載する。
第4章では、米国の電子書籍市場の概略を解説する。
第5章では、国内の主要な電子書籍ストアやサービスについてそれぞれ紹介するとともに、各事業者の戦略を掲載する。
第6章では、ユーザー調査結果を掲載。スマホユーザーを対象とした電子書籍の利用率調査、電子書籍利用者に限定して利用実態を聞く調査の二本立てとなっている。

発売日:2023-08-10

ページ数:296ページ

目次

表紙
読者アンケートのお願い
はじめに
掲載データの取り扱いについて
目次
掲載資料一覧
第1章  電子書籍の市場規模
第2章  国内の電子書籍ビジネスの最新動向
第3章  Webtoonの最新動向と現在地
第4章  米国の電子書籍ビジネスの最新動向
第5章  電子書籍ストア/サービスの動向
第6章  モバイルユーザーの電子書籍利用実態
著者紹介
■最新報告書のご案内
■既刊報告書のご案内
奥付

著者プロフィール

  • 落合早苗(著者)

    落合 早苗 (おちあい・さなえ)
    O2O Book Biz 株式会社代表取締役社長
    一般社団法人日本出版インフラセンター特別委員 ABSC 運営部会副部会長
    出版社、IT 関連会社などを経て、2004 年より電子出版事業に従事。
    日本出版インフラセンターが運用する出版情報登録センター(JPRO)、Books やBooksPRO などメタデータ・データベースの整備や構築等、
    出版業界のデジタライゼーションに携わる。
    日本電子出版協会主催電子出版アワード審査員、日本電子出版制作・流通協議会主催電流協アワード審査員も務めている。
    著書に「なかったことにしたくない ~電子書籍をさがすなら hon.jp の 5122 日」( ボイジャー)。

  • 菊池健(著者)

    菊池 健 (きくち・たけし)
    漫画の助っ人- マスケット合同会社 代表 / 株式会社コミチ 営業企画部長 / IMART 委員 / マンガ業界Newsまとめ@ note /
    このマンガがすごい2021-23 選書 / NPO 法人HON.jp アドバイザー / 一般社団法人マンガナイト監事 /
    元トキワ荘プロジェクト- ディレクター

絶賛!発売中!

書籍一覧へ