単体テストの考え方/使い方|Tech Book Zone Manatee

マナティ

試し読み
9784839981723.jpg

購入形態

PDF
4,488円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

単体テストの考え方/使い方

プロジェクトの持続可能な成長を実現するための戦略

マイナビ出版

新刊『作って学ぶ WordPress ブロックテーマ』
が期間限定30%OFF!

単体テストの原則・実践とそのパターン

単体テストの原則・実践とそのパターン

単体(unit)テストに関するベスト・プラクティスとよく目にするアンチ・パターンについて詳しく見ていきます。本書ではまず理想的な単体テストについての定義を行うことで、普遍的な基準となる枠組みをもたらします。この枠組みを用いることで、多くのテスト・ケースに新たな光が当たり「プロジェクトに取って価値があるか」「リファクタリングを必要としたり、取り除いたりする必要があるか」という判断がしやすくなります。

単体テストの経験があまりないのであれば、本書から多くのことを学べるでしょう。既に単体テストの経験を積んでいるのであれば、今まで使ってきたテクニックやベスト・プラクティスが開発にとっていかに有益だったのか、ということをより明確に理解でき、そのことを同僚などに明確に伝えられるようになるはずです。

読者の皆様が本書を読み終える頃には、新たに身に着けたスキルと共に、テストを用いた保守がしやすく変更もしやすいソフトウェアを提供するための必要な知識を身に着けていることでしょう。

Manning「Unit Testing: Principles Practices and Patterns」の翻訳書。


目次
Part 1: 単体(unit)テストとは?
第1章: なぜ、単体テストを行うのか?
第2章: 単体テストとは何か?
第3章: 単体テストの構造的解析

Part 2: 単体テストとその価値
第4章: 良い単体テストを構成する4本の柱
第5章: モックの利用とテストの壊れやすさとの関係
第6章: 単体テストの3つの手法
第7章: 単体テストの価値を高めるリファクタリング

Part 3: 統合(integration)テスト
第8章: なぜ、統合(integration)テストを行うのか?
第9章: モックのベスト・プラクティス
第10章: データベースに対するテスト

Part 4: 単体テストのアンチ・パターン
第11章: 単体テストのアンチ・パターン

単体(unit)テストに関するベスト・プラクティスとよく目にするアンチ・パターンについて詳しく見ていきます。本書ではまず理想的な単体テストについての定義を行うことで、普遍的な基準となる枠組みをもたらします。この枠組みを用いることで、多くのテスト・ケースに新たな光が当たり「プロジェクトに取って価値があるか」「リファクタリングを必要としたり、取り除いたりする必要があるか」という判断がしやすくなります。

単体テストの経験があまりないのであれば、本書から多くのことを学べるでしょう。既に単体テストの経験を積んでいるのであれば、今まで使ってきたテクニックやベスト・プラクティスが開発にとっていかに有益だったのか、ということをより明確に理解でき、そのことを同僚などに明確に伝えられるようになるはずです。

読者の皆様が本書を読み終える頃には、新たに身に着けたスキルと共に、テストを用いた保守がしやすく変更もしやすいソフトウェアを提供するための必要な知識を身に着けていることでしょう。

Manning「Unit Testing: Principles Practices and Patterns」の翻訳書。


目次
Part 1: 単体(unit)テストとは?
第1章: なぜ、単体テストを行うのか?
第2章: 単体テストとは何か?
第3章: 単体テストの構造的解析

Part 2: 単体テストとその価値
第4章: 良い単体テストを構成する4本の柱
第5章: モックの利用とテストの壊れやすさとの関係
第6章: 単体テストの3つの手法
第7章: 単体テストの価値を高めるリファクタリング

Part 3: 統合(integration)テスト
第8章: なぜ、統合(integration)テストを行うのか?
第9章: モックのベスト・プラクティス
第10章: データベースに対するテスト

Part 4: 単体テストのアンチ・パターン
第11章: 単体テストのアンチ・パターン

発売日:2022-12-28

ページ数:416ページ

目次

Part 1: 単体(unit)テストとは?
第1章: なぜ、単体テストを行うのか?
第2章: 単体テストとは何か?
第3章: 単体テストの構造的解析

Part 2: 単体テストとその価値
第4章: 良い単体テストを構成する4本の柱
第5章: モックの利用とテストの壊れやすさとの関係
第6章: 単体テストの3つの手法
第7章: 単体テストの価値を高めるリファクタリング

Part 3: 統合(integration)テスト
第8章: なぜ、統合(integration)テストを行うのか?
第9章: モックのベスト・プラクティス
第10章: データベースに対するテスト

Part 4: 単体テストのアンチ・パターン
第11章: 単体テストのアンチ・パターン

著者プロフィール

  • Vladimir Khorikov(著者)

    Vladimir Khorikov(ウラジーミル・コリコフ):ソフトウェア・エンジニア、Microsoft MVP受賞者、単体テストに関するブログの執筆や講座を受け持ったりしている。
    須田智之:フリーランスエンジニア、IT分野の記事や書籍も執筆している。執筆した書籍に『RxJavaリアクティブプログラミング』、翻訳書に『セキュア・バイ・デザイン』がある。

新刊『作って学ぶ WordPress ブロックテーマ』
が期間限定30%OFF!