テンプレートですぐできる すぐに身につく! HTML&CSS|Tech Book Zone Manatee

マナティ

 試し読み
9784839976002.jpg

購入形態

PDF
2,695円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

テンプレートですぐできる すぐに身につく! HTML&CSS

個人サイトをつくろう!

マイナビ出版

サイトをつくるってとっても楽しい! 基本のテンプレートがあるから誰でもつくれる!

現代の個人サイトをつくるための情報を1冊にあつめました。

==================================================================================
創作・同人サイトのためのテンプレート・プログラム配布・ノウハウ発信メディア
「do」(https://do.gt-gt.org/)を運営する著者が、
HTMLとCSSについてやさしく丁寧に解説します!
==================================================================================

本書は特典のテンプレートを使いながら、1からHTMLとCSSの基礎知識を身に付けられる、HTML&CSS入門に最適な1冊です。
テンプレートを使いながらHTMLとCSSを理解することで、手軽に知識を身に付けることができます。

<本書の特徴>
●はじめてでもHTMLとCSSの基本をしっかり学べる
●イマドキのWeb事情にもしっかり対応。個人サイト×レスポンシブデザイン
●特典テンプレートを使って実践的に学べる!
●お好みのものを使ってサイトづくり!
 嬉しい≪3種≫の特典テンプレート&サンプルファイルつき!

<こんな人にオススメ!>
●HTMLとCSSを基礎から学びたい人
●ウェブサイトを自分で作ってみたい人
●昔、個人サイトを作っていた人


<個人サイトって何?>
個人サイトと聞いて懐かしい気持ちになった方もいるのではないでしょうか。

個人サイトとはその名の通り、個人が作成し、運営しているウェブサイトのことです。
今から少し昔、TwitterやPixivがなかった時代、個人サイトといえば、イラストや漫画、小説を書く人たちにとっては欠かせない、コミュニケーションツールの1つでした。時折Twitterでも「#個人サイト」がトレンドに上がるなど、当時個人サイトを持っていた人たちにとっては、「良き時代」の1として、心に刻まれているのではないでしょうか。

本書の特典テンプレートを使えば、簡単に≪現代仕様≫の個人サイトをつくることができます。
HTMLとCSSについて、しっかり解説もしているので、昔の知識を今にアップデートしたい、という人にもピッタリな1冊です。

==
「著者あとがき」より抜粋:
2000年代ごろ、インターネットが今ほど発達しておらず、SNSという存在がまだ創作界隈では大きくなかった時代に、創作者のネット上での交流は、個人サイト上で行われるのが主流でした。
創作者たちは、インターネットという全世界に開かれた場所に自慢の作品を発表する場を設けるため、HTMLを勉強し、ホーム制作ソフトを駆使して、自分だけの城を築き上げました。
しかし当時は、Twitterのようにだれもが同士を見つけて気軽に繋がれるSNSのようなものはありません。そこで、個人サイトたちを繋ぐべく有志の手によって立ち上げられたのが、特定の作品ジャンルやキャラクター等に特化した「登録型サーチエンジン」や、名簿に登録したり自分のサイトにバナーを貼ったりすることで参加を表明できる「同盟」と呼ばれる参加型サイトたちでした。

しかし2010年代ごろには、PixivやTwitterなどのSNSがユーザー数を増やしていきます。わざわざHTMLを勉強しなくても、メールアドレスさえあれば登録できて、作品もカンタンに公開できて、気になる人をボタンひとつで「フォロー」して追いかけることのできるSNSは、みるみるうちに創作者たちに広まり、とても大きくにぎやかな交流の輪を築いていきました。
開設や更新に手間、知識そして時間が必要な個人サイトは、台頭するSNSに押されるかのように、徐々に姿を消していきました。素材サイトやテンプレート配布サイト、プログラム配布サイトも少しずつ更新がまばらになり、今ではレスポンシブ対応や最新PHPバージョン対応などの、現在のウェブ制作事情に対応している個人サイトはそう多くはありません。

では、個人サイトを持つことは、もはや時代遅れなのでしょうか? 決してそんなことはありません。
個人サイトは財産です。SNSと違って突然サービスを終了することはありませんし(レンタルサーバーのサービスは終了するかもしれませんが、別のサーバーへ移行すれば問題なしです)、突然UIや仕様が変更されて困惑させられることもありません。PHPが使えるサーバーなら、配布プログラムを借りて、さまざまな機能を追加することもできます。何よりも、手塩にかけて制作し、育てた自分だけの城は、とても愛しく感じられるものです。それに、インターネットを通じて何かすることが当たり前の今、自分だけのサイトを作ることで身に付けたサイト制作やHTML、CSSの知識は、思いがけないところで役立つでしょう。
==

発売日:2021-08-24

ページ数:272ページ

著者プロフィール

  • ガタガタ(著者)

    ●ガタガタ
    幼いころから漫画、ゲーム、小説、お絵かきが好き。インターネット黎明期のころより有料サーバーを借り、自分のサイトを持って作品発表の場をつくっていた。創作者の作品発表・交流のきっかけになることを願い、2019年に創作・同人サイトの製作を支援するサイト「do」(https://do.gt-gt.org/)をたちあげる。最新のWebトレンドに沿ったHTMLテンプレート・プログラム配布のほか、サーバーの借り方からHTML/CSS編集まで、初心者にもわかるようにやさしく解説している。