解きながら学ぶ Pythonつみあげトレーニングブック|Tech Book Zone Manatee

マナティ

 試し読み
9784839975951.jpg

購入形態

PDF
2,728円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

解きながら学ぶ Pythonつみあげトレーニングブック

マイナビ出版

プログラミングもトレーニングで「筋力」がつけられる!

プログラミングの入門者とプロの違いには、どんな点があるでしょうか。
大きな違いの1つとして、「プログラムをすばやく理解する反射神経」があるかどうか、という点が挙げられるのではないでしょうか。

「プログラムはじっくり考えて作るもので、反射神経は関係ないんじゃないの?」と思われるかもしれません。確かに全体設計などじっくり考える部分もありますが、本書で説明するような基礎文法は、一瞬で把握できるのが理想です。「どこが変数でどこが関数・メソッドか」「式内の演算子が処理される順番」「行が実行される順番」などでいちいち考え込んでいたら、いつまで経ってもプログラムを理解できません。

本書では、そんな「大事なポイントや処理の流れがぱっとわかる」力を付けられるような内容を用意しました。

文法を解説する各セクションの後に「ミッション」を設け、ルールがわかっていれば簡単に解ける問題をいくつも出題し、反復訓練によってより速く解答できることを目指しました。

また、終盤の9、10章は、入門書のその先を目指した内容となっています。入門書を卒業して自分でプログラムを書くレベルに達するために、以下の2つのスキルが身に付けられるようにしました。

・公式ドキュメントの解説を読んで、自力で知識を増やせる
・エラーメッセージを読んで、解決方法を見つけられる

どちらも少し難しいですが、自分でプログラムを書くレベルに達するための必須スキルですので、ぜひ取り組んでみてください。

本書の解説は、Pythonが初めての方でも理解できるように、文法の基礎から解説しています。これからPythonを始める方にとっても、少しPythonがわかるけれど、細かいところに不安がある方、実践レベルに近づきたい方におすすめの1冊です。脱「Python入門」を目指して、本書でトレーニングを積みましょう!

※Python 3.x使用
※サンプルファイルおよびミッションのPDFをサポートサイトからダウンロードできます

発売日:2021-07-16

ページ数:256ページ

著者プロフィール

  • リブロワークス(著者)

    書籍の企画、編集、デザインを手がけるプロダクション。手がける書籍はスマートフォン、Webサービス、プログラミング、WebデザインなどIT系を中心に幅広い。著書に『スラスラ読めるPythonふりがなプログラミング』(インプレス)、『やさしくわかるPythonの教室』(技術評論社)、『みんなが欲しかった! ITパスポートの教科書& 問題集 2021 年度』(TAC出版)など。
    https://www.libroworks.co.jp

  • 株式会社ビープラウド(監修)

    ビープラウドは2008年にPythonを主言語として採用、優秀なPythonエンジニアがより力を発揮できる環境作りに努めています。Pythonに特化したオンライン学習サービス「PyQ(パイキュー)」、システム開発者向けクラウドドキュメントサービス「TRACERY(トレーサリー)」、研修事業などを通して技術・ノウハウを発信しています。また、IT勉強会支援プラットフォーム「connpass(コンパス)」の開発・運営や勉強会「BPStudy」の主催など、コミュニティ活動にも積極的に取り組んでいます。

    Webサイト:https://www.beproud.jp/
    PyQ:https://pyq.jp/
    TRACERY: https://tracery.jp
    connpass:https://connpass.com/
    BPStudy:https://bpstudy.connpass.com/