マナティ

購入形態

PDF
2,959円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

【特典付き】楽しく学ぶ Unity 3D超入門講座

Unityで3Dゲームを作ろう! サンプルを使って基本の考え方から教えます!


☆特典付きキャンペーン実施中☆

Manateeにて本書をご購入いただいた方に、
特典のPDFをプレゼント!


●特典概要

『楽しく学ぶ Unity 2D超入門講座』特別試し読みPDF

本書の姉妹本である『楽しく学ぶ Unity 2D超入門講座』の3章まで、70ページほどが読んで試せる内容のPDFです。


お申し込み方法や特典の詳細については、こちらをご確認ください。
当キャンペーンが始まる前に、すでに予約してくださった方もご応募いただけます。



Unityの超初心者が3Dゲームを作るための入門書です。

3Dゲームを作るには、キャラクタや背景などの3Dデータも必要ですし、3D世界を構築したり、照明やカメラをどうするか考えたりと、やることが多く、大変です。
そこで本書では、、「とにかくシンプルなゲームを、自分で考えて作れる方法」に注目して解説していきます。シンプルなゲームの作成を体験することで、3Dのしくみや考え方が、掴めます。一見複雑そうに見えるゲームでも、整理すると実はシンプルなしくみの組み合わせでできています。まずは、シンプルなしくみを意識できるようになることが重要です。
しくみが理解できれば、シンプルなものを複雑なものに置き換えたり、組み合わせたり、より工夫したりして、「自分の作りたいゲーム作り」に向かって進むことができるでしょう。

カリキュラムは次のようになっています。

Chapter1 Unityって何?
 Unityの基本と、インストールを解説します。
Chapter2 3D空間を作ろう
 ゲーム作りに必要な、3D空間の作り方や、ゲームオブジェクトの扱いについて、解説します。
Chapter3 スクリプトで動かそう
 ゲームに動きを付けるのには、スクリプトというものを使います。スクリプトの基本解説と、基本的な動きの設定を解説します。
Chapter4 衝突を調べる
 ゲームオブジェクトが衝突したらゲームを止める、オブジェクトを消す・表示する、といった動きを設定していきます。
Chapter5 ジャンプとプレイヤーの視点
 ゲーム特有の「ジャンプ」「動く床」「視点の変更」などの動きを設定していきます。
Chapter6 シーンを切り換える
 複数のシーンの作り方と切り換え方を解説します。
Chapter7 プレハブでたくさん作る
 Unityの持つ「プレハブ」というしくみの解説と、その使い方を解説します。
Chapter8 ナビメッシュで目的地へ誘導
 ナビメッシュは、ゲーム世界の地形からキャラクタが通れるマップを作っておき、そのマップを使って壁や障害物を避けて目的地まで誘導する仕組みです。
Chapter9 キャラクタのアニメーション
 キャラクタにアニメーションを付ける方法を解説します。
Chapter10 タイムラインでムービーを作る
 タイムラインを使うと、シーン上にある複数のゲームオブジェクトを同時に動かすアニメーションを作れます。最終章ではタイムラインの使い方を解説します。

『「自分の頭を使って考えたゲーム」は、作っている最中から楽しくなります。完成したときには、すがすがしい達成感と、いとおしいような感動を与えてくれます。この本では、残念ながら「ものすごいゲーム」を作ることはできません。「自分の手が届く範囲のゲーム」を作ることができるだけです。ですが「ちゃんと自分の頭を使ってゲームを作った」という事実こそが、ゲーム作りへの第一歩です。それが、自分の自信となり、次回作への足がかりとなっていくのです。』(著者まえがきより)

ぜひ本書をきっかけに、Unityをマスターして、自分でゲームを作る楽しさを知ってください。
素材ファイルは本書のサイトからダウンロードできます。

発売日:2020-01-29

ページ数:304ページ

目次

Chapter1 Unityって何?
1.1 Unityは、ゲームを作るソフトウェア
1.2 インストールしよう
1.3 ドット絵で3Dモデルを作るアプリの紹介

Chapter2 3D空間を作ろう
2.1 プロジェクトを作ってスタート
2.2 画面の説明
2.3 ゲームオブジェクトってなに?
2.4 基本的な使い方
2.5 【ドミノ倒し】を作ってみよう

Chapter3 スクリプトで動かそう
3.1 スクリプトって何?
3.2 「ずっと、移動する」
3.3 「ずっと、往復する」
3.4 「タッチしたら、回転する」
3.5 「キーを押したら、移動する」
3.6 「ずっと、追いかける」

Chapter4 衝突を調べる
4.1 衝突を調べる
4.2 「衝突したら、ゲームをストップ」
4.3 「衝突したら、消す・表示する」
4.4 【巻き込み塊ゲーム】を作ってみよう

Chapter5 ジャンプとプレイヤーの視点
5.1 「キーを押したら、ジャンプする」
5.2 空中ジャンプを制限する
5.3 主人公を乗せて動く床(IsKinematic)
5.4 三人称視点、一人称視点、肩越し視点
5.5 上下キーで前後、左右キーで回転して進む

Chapter6 シーンを切り換える
6.1 シーンって何?
6.2 「タッチしたら、シーンを切り換える」
6.3 「衝突したら、シーンを切り換える」
6.4 「ボタンを押したら、シーンを切り換える」

Chapter7 プレハブでたくさん作る
7.1 プレハブって何?
7.2 「タッチしたら、ゲームオブジェクトを作る」
7.3 「ときどき、ある範囲にゲームオブジェクトを作る
7.4 スクリプトで作ったゲームオブジェクトを消す
7.5 「キーを押したら、ゲームオブジェクトを投げる」

Chapter8 ナビメッシュで目的地へ誘導
8.1 ナビメッシュって何?
8.2 ナビメッシュの地図を作る
8.3 「ずっと、ナビメッシュで追いかける」
8.4 「タッチして、そこに誘導する」

Chapter9 キャラクタのアニメーション
9.1 キャラクタのアニメーション
9.2 ゲームオブジェクトにアニメーションをつける
9.3 Animatorで、動きを切り換える
9.4 「キーを押したら、アニメーションを切り換える」

Chapter10 タイムラインでムービーを作る
10.1 シーン全体のアニメーションはタイムラインで
10.2 タイムラインアニメを作る方法
10.3 「あるタイミングで、シーンを切り換える」

   うまく動かないとき
   本書のスクリプト一覧表

著者プロフィール

  • 森 巧尚(著者)

    パソコンが登場した『マイコンBASICマガジン』(電波新聞社)の時代からゲームを作り続けて約40年。現在は、コンテンツ制作や執筆活動を行い、また関西学院大学、関西学院高等部、成安造形大学の非常勤講師や、プログラミングスクールコプリの講師など、プログラミングに関わる幅広い活動を行っている。
    近著に『作って学ぶ iPhoneアプリの教科書~人工知能アプリを作ってみよう!~』(マイナビ出版)、『楽しく学ぶ アルゴリズムとプログラミングの図鑑』(マイナビ出版)、『動かして学ぶ! Vue.js開発入門』(翔泳社)、『Python1年生』(翔泳社)、『Java1年生』(翔泳社)、『なるほど! プログラミング 動かしながら学ぶ、コンピュータの仕組みとプログラミングの基本』(SBクリエイティブ)、『小学生でもわかるiPhoneアプリのつくり方』(秀和システム)など多数。

オススメの連載

連載一覧へ

絶賛!発売中!

書籍一覧へ