マナティ

20234_1760856_s.jpg

購入形態

EPUB
1,760円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

決定版 銀行デジタル革命

現金消滅で金融はどう変わるか

東洋経済新報社

メガバンクがデジタル通貨発行を検討。海外ではフィンテックを駆使したキャッシュレス化が進展。金融界を襲う大変化を大胆予測。

技術力とアイデアにモノをいわせたフィンテック企業が、
決済、貸出など銀行の牙城とされてきた業務に進出。
顧客のビッグデータもフィンテック企業に集まっていく。
危機感を抱いた銀行は、自らデジタル通貨の発行を検討。
キャッシュレス化の流れは、日本経済全体をも大きく変える。

発売日:2018-08-24

目次

はじめに

序 章 動き出したメガバンク

第1章 悩める巨人――挑戦がもたらす矛盾
 1 競争促進へと転換した法整備
 2 銀行のフィンテック対応
 3 揺れるメガバンク――やりたくないけどやらざるを得ない

第2章 仮想通貨は決済手段となれるか
 1 日本は取引シェア世界トップに
 2 仮想通貨決済は普及しない

第3章 スマートフォン決済は日本で広まるか? 
 1 銀行デジタル通貨が直面する三つの壁
 2 中国で急成長するスマートフォン決済
 Column(1) 小売業がキャッシュレス化を加速
 3 日本では広がらない? 
 Column(2) 日本にも迫るアマゾン・エフェクト

第4章 現金の異様な存在感
 1 日本人のお金の支払い方――根強い現金志向の謎を解く
 2 現金流通のコスト

第5章 大リストラ時代を迎えた銀行
 1 「銀行は特別」という思い込み
 2 構造改革を迫られる銀行
 Column(3) キャッシュレス化を睨みATMを共通化

第6章 仮想通貨投資の行方
 1 投資ブームの功罪
 2 投資対象としての仮想通貨
 3 仮想通貨の価値
 4 ICOの行方

第7章 世界の中央銀行のフィンテック対応
 1 最大の関心事はDLT
 2 中央銀行のAI活用

第8章 中央銀行デジタル通貨の可能性
 1 動き出す中央銀行デジタル通貨構想
 2 スウェーデンにみる近未来通貨
 3 中央銀行デジタル通貨は金融をどう変えるか
 4 変容する金融政策

終 章 日本の金融にデジタル革命は起こるのか