便利技 他人事Tips

3D Touch非搭載iPhoneでトラックパッドを使う

文●今淳一

iOS 12では、iPhoneで3D Touchを使わなくとも、キーボードをトラックパッドとして利用できるようになりました。具体的な方法を見ていきましょう。


iPhoneでキーボードを強く押し込む「3D Touch」によって利用できる「トラックパッドモード」。そのままドラッグすることで簡単にカーソル位置を移動できるこの機能は、一度使うと手放せない利便性があります。

これはiPhone 6以前の3D Touch非搭載モデルでは使えませんでしたが、iOS 12ではキーボードのスペースキーを長押しすることで、トラックパッドモードを利用できるようになりました。



具体的にはこのように、英語キーボードであればスペースキー、日本語キーボードであれば[空白]を長押しします。



すると、このようにトラックパッドモードに移ります。これは3D Touch非搭載の旧機種でも有効なので、ぜひご活用ください。



また、3D Touch搭載機種では、このように「設定」アプリの[一般]→[アクセシビリティ]で3D Touchをオフにしていても、スペースキー長押しによるトラックパッドは利用できます。
普段3D Touchを利用せず、誤動作するのが困るのでオフにしたい。でも、トラックパッドはやはり便利なので利用したい、といった場合にも問題なく使えますよ。

 



おすすめの記事一覧