教育・医療・Biz iTeachers TV

【Vol.149】小谷 隆行 先生(近畿大学附属高等学校)後編

教育ICTを通じて「新しい学び」を提案する教育者チーム "iTeachers"がお届けする教育ICT実践プレゼンテーション。


教育ICT実践プレゼンテーション、今回のスピーカーは近畿大学附属高等学校の小谷 隆行先生。プレゼンタイトルは『板書をやめたら授業が変わった!~セミ反転授業の可能性を探る~』(後編)です。ぜひお楽しみください!



【タイムコード】
00:00 オープニング
01:39 教育ICT実践プレゼンテーション    『21世紀型スキルを伸ばす教育について考えてみよう』 和田 一将先生(東京成徳大学中学校)
10:10 教育ICTなんでも3ミニッツ    『教育現場で使えるiPadアプリ講座』 講師:小池 幸司 先生(教育ICTコンサルタント)
13:23 エンディング
15:11 協賛メディアのご紹介

<教育ICT実践プレゼンテーション>

■ ゲストスピーカー
和田 一将 先生 (わだ かずまさ)
東京成徳大学中学校
明治大学で異文化コミュニケーション学を専攻。卒業後、横浜の私立高校で3年間勤めたのち、2012年から東京成徳大学中学校・高校に英語科専任教諭として着任。現在は国際交流部課長、ICT教育推進委員としてニュージーランド学期留学のサポートやiPadの授業活用の研究に務めている。Apple Distinguished Educator Class of 2017

■ プレゼン概要
『21世紀型スキルを伸ばす教育について考えてみよう』(後編)
東京成徳大学中学校で行なった21世紀型スキルを伸ばす教育についての実践事例紹介です。前編で紹介した21世紀型スキルを伸ばすための教育を、日本でより効果的に実践するためにはどのような工夫ができるでしょうか。中学英語の授業や教科横断のプロジェクト、学校行事などでできる工夫について考えていきます。日々の授業や学級活動に一手間加えるだけで生徒たちの思考力や問題解決能力といった21世紀型スキルが飛躍的に向上するはずです。

<教育ICTなんでも3ミニッツ>

『教育現場で使えるiPadアプリ講座』
講師:小池 幸司 先生(教育ICTコンサルタント)
2011年3月、他の学習塾に先駆けてiPad導入を実現。教育現場におけるICTの導入・活用を推進すべく、講演や執筆活動を通じて自社のiPad導入事例やノウハウを発信。2013年3月にはiPad×教育をテーマにした初の実践的書籍「iPad教育活用 7つの秘訣」をプロデュース。NPO法人 iTeachers Academy 事務局長

<番組提供>
・ iTeachers:教育 ICT を通じて「新しい学び」を提案する教育者チーム https://www.iteachers.jp
・ NPO法人 iTeachers Academy:“新しい学び”を担う次世代の先生を育てる https://www.iteachers-ac.org