SPECIAL

大事なのはマシン性能だけじゃない!

なぜ東大生の3人に1人がMacBook Proを選ぶのか?

東京大学駒場キャンパスの生協では毎年、「駒場モデルパソコン」なる商品が新年度に登場する。その中身はMacBook Proにさまざまなオプションが加わったもので、新入生の3人に1人が購入し、毎年完売するという。なぜ、東大ではMacBook Proがそこまで使われているのか?同モデルを推し進めるキーパーソンに話を聞いた。

 

東大生協店長が語る「駒場モデル」の秘密

5fdcede12fe0ad9a14bbf096df13cbca.jpg

斉藤謙作

東京大学消費生活協同組合 駒場購買部店長。2016年から東大生協推奨パソコンとしてMacを導入し、翌年には1200台を売り上げた。

 

 

WinからMacへ 予想外の大ヒット

毎年3000人余りの学生が入学する東京大学。入学した学生は、1~2年生の間を目黒区にある駒場Ⅰキャンパスで学生生活を送る。東京大学消費生活協同組合(以下、東大生協)が運営するキャンパス内の購買部では毎年、新入生に向けたさまざまな新生活、および学業の準備のためのサポートを行っている。そんな中の人気商品のひとつに、「駒場モデル」と呼ばれるパソコンがある。3月から4月にかけて新入生向けに販売されるこのパソコンの正体は、13インチのMacBookプロだ。

「東大生協では以前、学生用の推奨パソコンとしてウィンドウズのノートPCを販売してきました。東大ではパソコンは必携というわけではありませんが、レポートや課題、プレゼンシートの作成など、パソコンの使用は実質的に必須になるので、そのための推奨パソコンとして毎年用意しているものです」

そう語るのは、東大生協駒場購買部の斉藤謙作店長だ。駒場購買部で推奨パソコンとしていたウィンドウズのノートPCがMacに変更されたのは、2016年のこと。以降、Macが推奨モデルとなり、2017年からはMacBookプロに変更。そもそものきっかけは、キャンパス内に大量導入されていたiMacだった。

現在東大駒場Ⅰキャンパスでは、図書館や自習室、さらに教室内に設置された端末など、学生が利用するすべてのパソコンがMacになっている。東大のMac導入は古く、2004年にさかのぼる。その後もMacを採用し続けていた東大は、2016年2月の学内教育用計算システム(ECCS)刷新に伴い、4期目のMac大量導入を実施。駒場キャンパスにも850台ほどのiMacが新たに設置された。その環境に合わせるというのが最初の理由だったと、斉藤さんは言う。

「以前から、大学内のパソコンがMacなのだから、生協の推奨パソコンもMacにしてはどうだろうという話はありましたが、世間的にはウィンドウズがメインだったこともあり、ウィンドウズPCの販売が継続されていました。2016年のECCS刷新のタイミングで、Mac販売の議論が再び持ち上がったのです。併売も検討しましたが、東大のパソコン事情を鑑みて、完全にMacに切り替えるという結論になりました」

それまで駒場の購買部では、新入生向けに500~600台のウィンドウズノートを販売していた。

「2016年は、13インチのMacBookエアを駒場モデルパソコンとして販売することにしました。学内のマシンがすべてMacだったこともあって、販売台数は伸びるだろうという読みがあり、800台の販売予定で予約を取り始めたんです。すると、すぐに台数が足りない事態になりました。思っていたよりもニーズが高かったんですね」

なんとか台数を確保して、2016年は約1000台のMacBookエアを販売。斉藤さんたちの予想を大きく上回る数字だった。

「初年度は1000台で足りないくらいだったので、翌年のMacBookプロは台数を1200台に設定し、こちらも完売できました」

このようにして、新入生の3人に1人以上がMacを購入する大学生協が誕生することになったのだ。

 

東大駒場Ⅰキャンパスに大量導入されているMac

東大にMacが大量導入されたのは、2004年のことだ。ECCSと呼ばれる教育用計算システムが駒場キャンパスに設置され、1149台のフラットパネルのiMacが導入された。このiMacは、ネットワーク経由で起動や制御を行う「ネットブート(Netboot)」という仕組みを用いており、マシン内のストレージから起動するローカルブートに比べてセキュリティ面やメンテナンス面での利便性が高く、高速に動作することがメリットとなっていた。

以降、東大ではシステムの刷新などに合わせて3期(12年)にわたってMacが採用され続け、直近では4期目となる2016年2月のECCS刷新に合わせて、新たにiMac1341台を導入している。東大生協が推奨パソコンをMacBook Airに切り替えたのは、この直後ということになる。現在、図書館や自習室、演習室などに設置された学生が利用する端末は、すべてMacとなっている。

東大がMacを採用する理由は、①豊富なアプリケーションが利用できる、②UNIXが動作する、③Windows/macOSのデュアルブート環境が構築できる、など。ただし、ECCSでのデュアルブートはApple標準のBootCampを利用したものではなく、「ブイスリー・シームレス・プロビジョニング(vThrii Seamless Provisioning)」という仮想化システム上で動作している。ブイスリーはディスクイメージをネットワーク経由で転送してクライアントのOSを起動するが、一度起動したOSのキャッシュを保持し、アップデートがあっても差分のみを転送してOSを起動できるなど、ローカルブートと同等の速度で利用できる特徴がある。

  • bb596baa70b8bbd7049e849eb8dec478.jpg

演習室など、コンピュータで実習を行う授業では、設置されたiMacを利用する。CADソフトなどを使用する場合は、Windowsで起動することになる。

 

  • 1d97376a9427488d2e09b1ea25608ee6.jpg

駒場Ⅰキャンパス内の学食を覗くと、必ず何人かの学生がMacBook Proを開いているシーンを見かける。

 

 

人気の理由は4年保証と講習会

キャンパス内の端末がMacだとしても、学生が積極的に生協でMacを購入するという話は、あまり聞かない。そもそもアップル製品は販売店による値引きなどはほとんどなく、本体だけならどこで購入しても価格はあまり変わらない。オンラインのアップルストアを利用すれば、学生割引も適用可能だ。ではなぜ、東大の新入生は生協でMacを買うのだろうか? その理由は「駒場モデル」の独自のセット内容にあると、斉藤さんは語る。

「東大生協ならではの保証やサポート体制が、人気の理由だと思います。まず保証ですが、アップルが用意しているアップルケアプラス(AppleCare+ for Mac)とは別に、独自の4年保証を付けています。入学から卒業まで保証が効くというわけです。また、自然故障や初期不良だけではなく、動産保険も付いてきます。たとえば、不注意で落としたり、液体をこぼしたりして故障した場合でも、保証限度額以内であれば免責額5000円で修理できるんです。さらに、修理中の代替機の貸し出しも行っています」

卒業までの保証や代替機の用意は、学生が学業に専念できるように、という生協ならではの計らいが感じられる。新入生にとっては、かなり心強い保証になるだろう。

駒場モデル独自のセット内容はそれだけではない。新入生からもっとも評判が高いのが、パソコン講習会だ。

「東大では、先輩学生が新入生の学生生活におけるさまざまなサポートを行ってくれます。その一環として、駒場モデルの購入者にはパソコン講習会が用意されています。学内システムの使い方など基本的な講習はもちろん、課題に合わせたレポートの書き方やプレゼン資料の作り方など、Macを利用するうえで役立つ情報を先輩学生が教えてくれるとあって、参加者からは好評ですね。講習内容も、先輩学生たちが中心になって考えてくれています」

また、使用中のMacに不具合がないかをチェックする、「学内無料点検会」も開催している。

「こちらは修理会社に協力してもらって、年に1回行っています。Macを直接持ってきてもらい、目の前で不具合がないかチェックするんです。『異常がなくても、とりあえず持ってきてください』と案内してるので、不具合のない人も参加します。こちらでチェックして、もし不具合が見つかれば修理を勧めています」

中には、不具合があっても気がつかなかったり、違和感があっても面倒で普段は修理に持ってこなかったりする学生も多い。

「とりあえず持ってくれば、目の前で異常がないか確認でき、もし見つかったらすぐにアドバイスがもらえるという体制が、参加者に好評のようです」と、斉藤さんは分析する。加えて、生協購買部がサポート窓口として利用可能となっており、開店時にはいつでも相談することができるのも、大きなメリットだ。

 

まさに至れり尽くせり!「駒場モデル」の全貌

「駒場モデルパソコン」のセット内容

パワフルなメインマシン
MacBook Pro(13-inch,2017)

価格はフルセットで23万9800円! ※講習会なしセットは22万9800円

  • 4c4d10123ccab628bb0beeee31be6d94.jpg

メインとなるマシンは13インチのMacBook Pro。Touch Barなしのモデルで、カラーはスペースグレイだ。CPUはクロック周波数2.3GHzのIntel Core i5。上位モデルと比べると数値的に劣っている印象を受けるが、Turbo Boost使用時には最大3.6GHzで動作し、コストパフォーマンスの高いモデルと言える。ストレージは256GB。

なお、より軽量なマシンを利用したい学生には、ローズゴールドのMacBookも選択肢として用意している。

  • 453e26f65fba712ca74a4dd520e282e2.jpg

 

先輩が選んだプリンタ&アクセサリ
PRIVIO DCP-J972N

【発売】brother

  • 643bdcab81579df25d8cdb9d641295b0.jpg

セット内容には、先輩東大生が選んだプリンタやアクセサリも含まれている。PRIVIO DCP-J972Nは、無線LANでの印刷に対応したマルチプリンタ。学生は講義資料を印刷する機会も多いので、家にいながら素早く印刷できればとても便利だ。

アクセサリとして付いてくるのは、ポータブルHDD、3ポートUSBハブ、Mac用パソコンケースの3つ。どれもMacユーザ必携だ。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録