便利技 他人事Tips

iPhoneのWi-Fi設定に素早くアクセスする

文●今淳一

iPhoneのBluetoothやWi-Fiのオン/オフ切り替えはコントロールセンターを利用すると便利ですが、設定に素早くアクセスする方法はまた別にあります。覚えると役立つので、ぜひ試してみましょう。

iPhoneで機内モードを有効にしたり、BluetoothやWi-Fiの接続を解除する、といった操作は、コントロールセンターを呼び出して行うのが便利です。



しかしiOS 11では、コントロールセンターからBluetoothやWi-Fiをオフにしても「未接続」状態になるだけで、機能そのものはオフにはなりません。セキュリティ的なリスクもあるので、ネットワークの接続が不要なときには素早くオフにしたいこともあると思います。




そんなときは、アプリアイコンを強く押し込む「3D Touch」を使って、クイックアクションを呼び出しましょう。「設定」アプリを3D Touchすると、[Bluetooth][Wi-Fi][モバイルデータ通信][バッテリー]のそれぞれの設定に直接飛ぶことができます。これらは前述のように設定そのものをオフにしたいときにも役立ちますが、接続するネットワーク先を素早く切り替えたいときなどにも便利です。

Wi-FiやBluetoothの項目は「設定」アプリを開いた上のほうに表示されるので、普通にアクセスしてもそれほど遠回りにはならないかもしれません。しかし、あれこれ設定を変更した直後などには「設定」アプリのトップに戻るのにも手数が必要なので、こういった小技を覚えておくとストレスになりません。
また、3D Touchによるクイックアクションはアプリ次第で異なるので、この際、よく使うアプリのクイックアクションを確認しておくといいでしょう。



おすすめの記事一覧