便利技 他人事Tips

新macOSの「コンテンツキャッシュ」でネット高速化

文●今淳一

macOS Server専用の機能だった「コンテンツキャッシュ」が、macOs High Sierraに新機能として搭載されました。いったいどんな機能なのでしょうか?

「コンテンツキャッシュ」といきなり言われてもピンと来ないかと思いますので、どういう仕組みなのか、まず簡単にご説明します。

複数のMacやiOSデバイスを利用している状態を思い浮かべてください。それぞれが、新しいアプリだとか、OSのアップデータなどをダウンロードしますよね? その際、データそのものは同じものなのに、複数回ダウンロードされることになります。iCloudでも、同じApple IDで運用している場合、同じデータのやりとりが発生します。こうして考えると、ネットワークに余分な負荷がかかっているのがわかると思います。

コンテンツキャッシュはそれをある程度解決する方法で、サーバとなるMacにほかのデバイスがダウンロードしたデータのコピーを取っておいて、同じデータが必要になったときは、インターネットからではなく、そのコピーから配る、というやり方です。こうすることで、ネットワークの負荷を減らして高速化できます。



具体的な設定は「システム環境設定」の[共有]にあります。サーバとなるMacに対して、サービスの[コンテンツキャッシュ]のチェックを有効にすればOKです。オプションからはキャッシュの容量を指定できます。サーバとなるMacはネットワークの上流に当たるので、無線ではなく有線で接続しておくべきでしょう。コンテンツキャッシュはいささか専門性が高い機能ですが、macOSの大型アップデートなどは何GBものデータになるので、同一ネットワーク内でいっせいにアップデートという場合などには無視出来ない機能だと思います。



おすすめの記事一覧