便利技 他人事Tips

新機能「iCloudドライブのファイルをリンクで共有」を試す

文●今淳一

High Sierraでは、iCloudドライブ内のファイルをリンクを使って共有できるようになりました。

今までもiCloudドライブのファイルを共有する仕組みはありましたが、High Sierraでは、より簡単に、リンクをコピーしてファイルを共有できるようになりました。

まずはiCloudドライブ内の共有したいファイルを副ボタンクリックし、コンテキストメニューを開きましょう。[共有]→[人を追加]と選択します。



どういう方法で共有するか選択する画面になるので[リンクをコピー]を選択。



共有オプションで対象を[リンクを知っている人は誰でも]を指定しましょう。アクセス権も設定できます。ファイルの中身をいじられたくない、という場合は、[閲覧のみ]にしておくべきです。



ここで[共有]のボタンを押すとそのままウインドウが閉じますが、実はこの時点でリンクはクリップボードにコピーされています。あとは任意の場所にリンクをペーストし、共有するだけです。

受け取り手がリンクをクリックすると、ブラウザ上でこのようにページが立ち上がります。ここで受け取ったファイルを、自身のiCloudドライブに保存するか、ローカルにそのコピーをダウンロードするかが選択できます。



リンクを改めてコピーしたい場合、また、共有を停止させたい場合は、同様にコンテキストメニューから[共有]、そして今度は[人を表示]に変化したメニューを選択しましょう。表示される画面で、[リンクをコピー]あるいは[共有を停止]をクリックすればOKです。



若干のクセがありますが、今までよりはずっと便利になると思うので、ぜひ活用してみてください。

保存保存


同カテゴリ記事一覧