便利技 他人事Tips

iPhoneのキーボードを使いやすくする

文●今淳一

iPhoneのキーボードをデフォルトのままで使っていませんか? ちょっとした設定の見直しで便利になることもあります。

iPhoneのキーボードを初期設定のままで使っている人も多いでしょう。しかし、ちょっとしたポイントを押さえることで意外なほど便利になることもあるので、設定を見直してみるとよいかもしれません。キーボードの設定は、「設定」アプリの[一般]→[キーボード]にあります。

 

まず注目したいのは、日本語キーボードのフリックに関しての設定です。フリック入力が苦手で、いわゆるガラケーのような「ケータイ打ち」しか受け付けない、という方以外は、「フリックのみ」を有効にしておいた方がよいでしょう。同じ文字を続けて打ち込みたいときに手間取らずに済みます。

 

次に、キーボードの種類について設定してみましょう。[キーボード]をタップすると、現在のキーボード一覧が表示されます。デフォルトでは、日本語→絵文字→英語の順番で並んでいるはずです。画面右上の[編集]をタップすると、キーボードの順番を変更したり、必要ないキーボードを削除できます。キーボードの数はできるだけ減らしたほうが切り替えの手間が減って楽に操作できるようになるので、無闇に増やしすぎないほうがよいでしょう。絵文字をあまり利用しない場合は、日本語キーボードからでも変換で入力可能なため、絵文字キーボード自体を削除するのも1つの手です。

 

削除したキーボードを戻したい場合や、ほかの言語のキーボードを追加したい場合は、[新しいキーボードを追加]を選択しましょう。また、サードパーティ製のキーボードを追加したい場合も、ここから設定が可能です。



おすすめの記事一覧