特集 特集

持ちのデバイスでMacライフが劇的向上

Macでマルチディスプレイ今どきの活用術

文●中村朝美写真●黒田彰

マルチスクリーン活用でMacライフはバラ色に

マルチディスプレイが手軽に

気がつくと、MacやiPad、iPhone、ハイビジョンテレビといった、たくさんのスクリーンに囲まれて生活しています。これらのデバイスは本来の役割こそ別々のものですが、互いをうまく連係できれば、Macライフがより豊かになります。

たとえば、iPadをMacのサブディスプレイとして活用すれば、より多くの情報を一度に表示したり、広々としたワークスペースを手に入れることができます。

そのためのアプリはすでにいくつか登場していましたが、ワイヤレス接続による描画の遅れが発生するなど、これまでは決定版と呼べるものがありませんでした。そこへ、あえて有線接続することで遅延を抑えたアプリ「デュエットディスプレイ(duet Display)」が登場。iPadがあれば、外付けディスプレイを購入することなく快適なマルチディスプレイ環境が手に入るようになったのです。

また、ハイビジョンテレビをMacの外付けディスプレイとして利用する方法もあります。HDMIケーブルなどを用いた有線での接続も考えられますが、利便性を考えるとアップルTVを経由したエアプレイ・ディスプレイがおすすめです。しかもエアプレイの場合、MacだけでなくiOSデバイスの画面をテレビにミラーリングすることもできます。

このように、今や身の回りのスクリーンをMacに接続することで、マルチディスプレイ環境を手軽に構築しやすくなっています。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

「MacのデスクトップをiPadで拡張!●Macでマルチディスプレイ今どきの活用術(PART 1)」の目次