便利技 他人事Tips

OS XのSIPを無効化する

OS Xの最新バージョンエルキャピタンでは、SIP(System Integrity Protection)という新機能によってシステムが保護されている。これによってセキュリティは強固になるが、システムのライブラリなどをユーザ側でいじれなくなった。たとえばシステムアイコンの変更などができなくなったわけだが、どうしても変更したい場合のSIPの無効化方法をお伝えする。

今回はわかりやすい具体例として、「LiteIcon」というフリーのアイコン変更ソフトの挙動を見てみよう。SIPが有効な状態でLiteIconを起動しようとすると、以下のようなメッセージが表示される。


SIPが有効なのでシステムアイコンは変更できない、という内容だ。そのままLiteIconを動かすと変更対象にシステムアイコンがない状態となる。

さて、ここからが本題。SIPを無効にすればシステムアイコンは変更できる。まずはMacを再起動して起動時に[コマンド]キー+[R]キーを押しながら起動して、リカバリモードを立ち上げよう。





[ユーティリティ]メニューから[ターミナル]を選択し、

csrutil disable

とコマンドを入力して実行しよう。これでSIPは無効化される。


再起動後はこのように警告が表示されることもなく、システムアイコンの変更ができるようになっている。とはいえSIPを切りっぱなしではせっかくのシステム保護が意味を為さないので、一時的に無効化し、アイコンの変更などの必要な作業をしたら、再びSIPを有効にするのが良いだろう。有効にするには、同様の手順でリカバリモードからターミナルに入った後に、

csrutil enable

と入力すれば良い。



おすすめの記事一覧