便利技 他人事Tips

「自動ロック」でiPhoneのセキュリティ向上

文●今淳一

iPhoneが自動でスリープする「自動ロック」機能。ロックされるまでの時間を見直して、セキュリティの向上を図りましょう。

iPhoneを放置していると、自動的にスリープしてロックがかかる「自動ロック」という機能があります。目を離した隙にロックが解除された状態のiPhoneを他人に触らせないためには、基本的ながら割と重要です。

この機能、実はロックされるまでの時間を、30秒から5分の範囲でコントロールすることができます。ロックがかかる時間が短すぎて、しょっちゅうロックの解除をするのが面倒、あるいは逆に、もっとセキュリティを高めるために、なるべくすぐにロックがかかって欲しい、という場合には、好みの時間に調整すると良いでしょう。



自動ロックの設定は、「設定」アプリの[画面表示と明るさ]→[自動ロック]と進んだ先にあります。セキュリティ的にはオススメできないものの、自動ロックをしないように設定することも可能です。



ただ、この自動ロックをしない設定は、「設定」アプリの[Face IDとパスコード]あるいは[Touch IDとパスコード]にある[パスコードをオフにする]と組み合わせると、たとえば自宅内で家族と共用するための古いiOSデバイスだとか、セキュリティを考慮しなくても良い場合の運用には便利です。



おすすめの記事一覧