便利技 他人事Tips

Siriの漢字の読みを修正する

文●今淳一

複数の読み方がある人名など、Siriが誤った読み方をしてしまうことがあります。そんなときは正しい読み方を教えてあげましょう。

高精度に呼びかけを認識し読み上げてくれるSiriですが、複数の読み方が存在する漢字の場合、間違えて読んでしまうことがあります。もし、Siriが間違った読み方をしてしまった場合は、正しい読み方を教えてあげましょう。



たとえば、連絡先に登録されている人を指して「~さんの名前の発音を覚えて」と話しかけます。すると、どのように発音するのか聞かれるので、再度正しい読み方でSiriに呼びかけましょう。この例の場合、「菅野」さんはデフォルトでは「カンノ」さんと発音されますが、正しくは「スガノ」さんであれば、そのように読み上げてやれば良いわけです。正しい読み方の確認を求められるので、候補の発音を確認して選択しましょう。



また、漢字が特殊でそもそもSiriに呼びかけられない場合は、連絡先から[フィールドを追加]を選択して、姓や名の発音を入力することも可能です。ややこしい場合はこちらから処理する方が簡単ですので覚えておきましょう。

Siriを使って連絡先を管理している場合、意外とつまづく部分ですのでぜひご活用ください。



おすすめの記事一覧