便利技 他人事Tips

iPhoneのロックを解除をせずに「メモ」を書く方法

文●今淳一

iPhoneがロックされた状態でも、素早く「メモ」アプリを起動する方法があります。

とっさの思いつきをメモしたいのに、「メモ」アプリの起動に手間取ってしまい、何をメモろうとしたのか忘れてしまった、という経験はないでしょうか。

iPhoneのロックを解除して、ホーム画面から「メモ」アプリを探し、タップして開く。たったこれだけのことですが、とっさのタイミングでは意外と手間取ったりするものです。

「メモ」アプリをコントロールセンターから呼び出せるようにカスタマイズすれば、こうした苦労は大幅に軽減されます。何しろ、機能は限定されるものの、ロックを解除しなくてもメモが取れるようになるからです。



「設定」アプリを開き、[コントロールセンター]を選択、[コントロールをカスタマイズ]と進みます。



カスタマイズ画面から[メモ]を追加しましょう。これでコントロールセンターからメモを開けるようになります。必要に応じてコントロールセンターでの配置を調整してください。



iPhoneをロックした状態でコントロールセンターから「メモ」アプリを開いた場合、既にあるメモには基本的にロックを解除しない限りアクセスできません。しかし、思いつきを素早くメモするには、とりあえずメモれることが何より大事です。[設定]から、ロック画面からアクセスした場合に常に新規のメモを開くか、最後に開いたメモを再開するかも選べます。



実際にロックした状態からメモを開いてみました。ロック中を示す鍵マークが確認できます。素早くメモを取れると何かと便利なので、ちょっとした小技ではありますが、ぜひ使ってみてください。



おすすめの記事一覧