便利技 他人事Tips

「共有アルバム」で写真をシェア

文●今淳一

写真を気軽にシェアする方法として便利なのが、iPhoneの「写真」アプリにある「共有アルバム」の活用です。

パーティやイベントごとなどで、参加者がそれぞれ撮った写真を全員にシェアするのは非常に手間がかかります。「LINE」アプリなどでアルバムを作成するのも手ですが、参加者全員がつながっていない場合も当然あるはずです。

そんなとき活躍するのが、iPhoneの「写真」アプリにある「共有アルバム」。1人がアルバムを作成すれば、参加者がそのアルバムに写真をアップできるので、簡単に写真シェアすることが可能です。



まずは共有アルバムの作り方を解説します。「写真」アプリの[アルバム]タブの左上、[+]をタップして[新規共有アルバム]を選択しましょう。名前をつけた後、共有したい相手を登録していけば、共有アルバムが作成できます。



出来上がった共有アルバムは、通常のアルバムと同じような要領で写真を追加できます。また、下部の[メンバー]をタップすると、共有に関しての設定が出てくるので、メンバーの追加、ウェブでの公開設定などが可能です。使用の際には、[参加者の投稿も許可]が有効になっているかを確認しておきましょう。ここが無効だと、共有相手が写真を追加することができません。



写真にはそれぞれコメントや「いいね!」が付けられます。楽しかった思い出の彩りとなると思うので、ぜひご活用ください。



おすすめの記事一覧