便利技 他人事Tips

位置情報を「一度だけ」許可する方法

文●今淳一

iOS 13から位置情報の取り扱いがより厳密になり、利用を「一度だけ」許可する設定が追加されました。

何かと便利な位置情報サービスですが、その扱い方によっては自宅や勤務先、よく立ち寄る場所などの情報や、その日どのように行動したのかなど、幅広く行動を把握することもできてしまいます。

その対策として、今までは「このAppの使用中のみ許可」のような設定があったわけですが、iOS 13では「一度だけ許可」という設定が追加されました。

これによって、普段から位置情報にはアクセスして欲しくないけど、必要な時だけピンポイントで利用を許すといった運用が可能です。



位置情報の設定方法は2つあります。1つ目は、「設定」アプリから[プライバシー]→[位置情報サービス]をタップする方法。2つ目は、「設定」アプリを下にスクロールしていくと現れるアプリ名からタップする方法です。どちらも同様の画面に飛ぶので、使いやすいやり方でアクセスしましょう。



すでに「このAppの使用中のみ許可」をしているアプリでも、設定で[次回確認]を選択しておくことで、アプリが位置情報にアクセスした時に確認のダイアログが出るようになります。便利な位置情報機能ですが、自分の安全とプライバシーを守るためにも厳密な取り扱いを心がけましょう。

 



おすすめの記事一覧