便利技 他人事Tips

Suicaをもっと手軽にiPhoneに導入する

文●今淳一

プラスチックカードや特別なアプリを使わずに、iPhoneでSuicaを発行できるようになりました。iOS 13からの新機能です。

消費増税に伴い、還元が受けられるキャッシュレス決済が注目されています。iOS 13では、交通系ICカード「Suica」の新規登録がとても簡単になったので、これを機に導入してはいかがでしょうか。

これまでiPhoneでSuicaを使うためには、駅で発行されるプラスチックカードから移行するか、JR東日本が提供している「Suica」アプリで発行してから「Wallet」アプリに追加する必要がありました。しかし、iOS 13からは、「Wallet」アプリにクレジットカードを登録していれば、それだけで利用を開始することができます。



「Wallet」アプリから[+]ボタンを押して、新しいカードの登録をしましょう。Suicaを「Wallet」から新規発行するにはクレジットカードの登録が必要ですので、事前に済ませておきましょう。



[カードの種類]画面でSuicaを選択したら、チャージする金額を指定して[追加]を行うだけです。



また、登録したSuicaは「Wallet」から設定を確認できます。Suicaを選択した状態で詳細アイコンをタップしましょう。iPhoneをロックした状態でも改札にかざすだけで処理できる「エクスプレスカード」の設定や、Suicaの削除も可能です。

入金済みのSuicaを「Wallet」からを削除しても、再度カードを追加すれば残高は復活します。



おすすめの記事一覧