便利技 他人事Tips

「加工前/加工後」の写真データをまとめて共有する

文●今淳一

加工済みの写真を、オリジナルに戻せる状態で共有する方法があります。iOS 13の新機能を試してみましょう。

写真の加工をすると、写真を共有する際に余計な手間が発生する可能性があります。こちらは良かれと思って加工したものであっても、人によっては「自分で加工したいので、オリジナルのデータが欲しい」という場合があるからです。

この問題は、限定的な条件はあるものの、iOS 13の「写真」アプリで解決できます。



条件とは、iOS 13同士でAirDropを利用する、ということ。この条件をクリアしていれば、写真共有時に[オプション]を選択し、[すべての写真データ]を有効にすることで、編集履歴を含めたすべての写真データをオリジナルの品質で送ることができます。

加工した写真を見てもらいつつ、不満があったら自由に加工し直してね、といったやりとりが1枚の画像を共有するだけで完結できるので非常に便利です。ただし、「すべての写真データ」には位置情報も含まれることを理解し、注意して利用しましょう。

位置情報を共有したくない場合は、同じく[オプション]から位置情報をカットすることが可能です。一方、毎回チェックするのが面倒な場合は、「設定」アプリから事前に位置情報の使用を制限することをおすすめします。



​​「設定」アプリ、[プライバシー]、[位置情報サービス]から設定が可能です。こうすることで、オプション内に位置情報に関する項目が表示されなくなります。当然、「すべての写真データ」を選択しても、位置情報は共有されません。

便利な機能ですが、用途に合わせて共有する情報を取捨選択して使いましょう。



おすすめの記事一覧