便利技 他人事Tips

iPhoneのアラームをグループ化して使い分ける

文●今淳一

目覚ましに便利なiPhoneの「アラーム」機能。「グループ化」することで複数のアラームを便利に使い分けることができます。

「時計」アプリにあるiPhoneの「アラーム」機能は、常日頃から目覚ましに使っている方も多いと思います。スヌーズ機能もありますが、五分おきなどにアラームを刻んで、二度寝防止に使っている人も多いのではないでしょうか。

大変便利な機能ですが、夜勤や早番遅番、また不定期で早起きしなければいけない場合は、細かく刻んだアラームを寝る前に設定するのが面倒です。こういったときは、ラベル機能を使って擬似的にアラームをグループ化すると便利になります。



アラームの追加・編集時の画面から、[ラベル]に移動することで、アラームに名前をつけることができます。戻って[保存]をすることをお忘れなく。



グループ化したいアラームに同じラベルをつけると、Siriに「(ラベル名)」「(ラベル名)をオン(オフ)にして」と頼むことで、一括でアラーム設定を行えます。

ラベル名は自分にとってわかりやすく、そしてSiriに聞き取ってもらいやすいものにすると、使い勝手がさらに良くなるでしょう。



おすすめの記事一覧