便利技 他人事Tips

「マップ」を使って現在地を共有する

iPhoneの「マップ」アプリを活用すれば、素早く「自分の現在地」を相手に伝える事ができます。待ち合わせなどに便利です。

iPhoneの「マップ」アプリはナビ機能があるので、目的地まで移動するのにとても便利です。初めての土地でも迷うことが少なくなり、非常に役立ちます。

また「マップ」には、自分の現在地を簡単に共有できる機能があります。ちょっとした手順を踏むだけなので、待ち合わせの際など活用しましょう。



「マップ」アプリを開き、自分の現在地を示す青い点をタップすると、現在地の情報がこのように表示されます。[現在地を共有]から、メールやメッセージ、LINEなどのアプリを使って、今、自分がどこにいるのかを相手に伝える事が可能です。



青い点を3D Touchする方法でも、現在地を共有することができます。慣れてくるとこちらの方が手早いので、3D Touch対応機種の場合はオススメです。



メッセージの送信画面です。iPhone同士であればマップで現在地の共有が簡単にできるので、待ち合わせに遅れそうな場合、また、知らない土地で迷ってしまった場合などに大変役立ちます。



おすすめの記事一覧